ページの先頭へ△

2019年09月30日

台風18号外側の雨雲群。宮古・八重山通過中!



台風18号北側の雲。既に八重山へ到達。午前9時の段階では多良間島が豪雨エリアに入り、今後は宮古島で活発な雨雲群が到達しそうです。逆に八重山は朝の段階で最初のピークは越えたので、しばらく豪雨はないと思いますが、次の雨は台風中心付近のもの。

この間隙がラストチャンス。台風対策は今日(9/30)の午前中(できれば夕方まで)に十二分に行いましょう!

感覚的に、今回の台風18号は最も被害が出やすい「風台風」のような雰囲気。なので停電になる可能性が高いので、事前に十分対策しておきましょう。といっても言われなくても島の人は十二分に対策していると思いますが、問題は観光客。この午前の間隙のうちに、可能な限り(もう手遅れかもしれませんが)、水とパンなど調理もお湯も要らない食料品を調達しましょう。最悪の場合、ビスケットやクッキーなどお菓子でも可。

台風対策/停電対策はまさに「備えあれば憂い無し」。無駄だと思うかもしれませんが、準備するに越したことはありません。やり過ぎるぐらいの対策をしておきましょう。

<宮古・八重山>

台風18号自体は、与那国島近海を北上しそうです。台風中心の東側は広域で猛烈な影響を受けますので、このままの進路だと八重山全域で猛烈な暴風雨になる可能性があります。多良間島も八重山同様にかなり激しい暴風雨になりそうですが、宮古島は微妙なライン。なので上手くいけば停電は回避できる可能性もありそうです。なにせ今年の宮古島は何度も停電しているので、今回は避けて欲しいと願う次第です。でも八重山は停電の可能性が非常に高いので、今のうちに充電やガソリン給油などを済ませておきましょう!

<沖縄本島>

ちなみに沖縄本島は、予想進路通りだと逆に周辺の雲を持って行ってくれそうなので、風は強くても天気的にはそれほど荒れないかもしれません。もちろん一過性のスコールは多いと思いますが、普通に生活はできそうです。飛行機の発着も宮古・八重山便以外は影響ないと思います。

しかし海は大シケ。離島への往来はもとより、物資不足も気になるところ。もちろん沖縄本島も本土からの船が欠航するので、今週は物資不足になること必至。個人的には消費税増税もあってネット通販などは買い控えしているので、到着待ちのものがないのが救いです(増税後の方が還元で確実に安いので)。

<本土>

ちなみに台風18号の今後の進路。沖縄は宮古・八重山への影響は大きいものの、沖縄本島や奄美はそれほど大きな影響な無さそうですが、問題はまたしても本土。しかも今回は台風が近い西日本ではなく、むしろ東日本への影響が気になるところ。

米軍予想では台風はK国通過後、日本海を東へ進み東北に直撃する可能性ありとなっています。この進み方は東北だけではなく関東にも大きな影響があるので、今週末の東日本は先の宮古・八重山と同じレベルの台風対策をして備えて欲しいものです。

正直、今回の台風で影響が少ないのは沖縄本島・奄美のような気がします(あと北海道?)。


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/09/30-09:25 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲