ページの先頭へ△

2019年09月20日

台風17号が大型の理由は台風16号?このブログでは周知の事実??



昨日の速報と大きな違いはありませんが、改めて台風17号の情報。米軍情報に「95W」と登場してから1週間以上も経過し、昨日、よーーーやく台風に認定。もはやここまで長引くと、「やっとか」って感じで驚きもなにもありません(笑)。


台風17号「ターファー」


既にお伝えしていますが、マレーシアの言葉で「なまず」だそうです。ナマズって暴れる印象があるので、いやな感じの名前ですね。それもそのはず。この台風17号は2つの台風の雲が合体したようなもので、非常に巨大です。台風16号から分離した雲が徐々に西に進み、元からあった雲の塊「95W」と合体。巨大化した次第です。特に台風の東側に、その台風16号から分離した雲があるので、進行方向の東側はいつも以上に広範囲で荒れそうです。

ただ今回の台風17号は、進行方向東側もさることながら、台風の南側に巨大な雨雲群を伴っており、台風最接近前(今の沖縄)は大した雨じゃないものの、最接近後には激しい雨が長い時間続く恐れがあります。なので沖縄は最接近前の今日は雨はそんなに気にしなくてもいいと思いますが、明日は1日中雨も覚悟しないといけませんね・・・

嗚呼、週末の外出が・・・

しかも沖縄には台風一過はまずありませんので、最接近後も雨が降ったり止んだりの状態になりそう。もしかすると土日はずっと雨の可能性もありますね。でも既にそれは想定内。週末の予定を繰り上げて今週後半にいろいろ調整している次第です。

とりあえず沖縄は秋分の日の「9/23」だけはどうにか雨無しの可能性もありそうなので、土日は近場で済ませ、遠出は祝日の月曜日に計画したいと思います。確か先週末も「プチ台風」で全く同じ状況だった気がするな・・・


ちなみに今回の台風17号は、宮古島と沖縄本島の間を通過しそうで、あとはどの程度宮古島に接近するかがポイント。でも得てして宮古島は台風の西側なので荒れても大したレベルではなく、むしろ遠く離れても沖縄本島の方が大荒れ傾向。さらに沖縄本島に影響がある台風は、確実に本土にも大きな影響あり。今の予想だと九州はかなり要警戒。

さらに日本海側を進む進路になると、そこに向かって南から湿った空気が本土全域に入り、台風に近いエリアでは豪雨になり、離れたエリアでは猛烈な暑さになる可能性も!?しかも台風17号は沖縄最接近時はまだ「幼い状態」なので強い雨が降る程度ですが、本土接近時は「大人に発達」しそうなので、豪雨だけではなく暴風も伴う恐れも。


なので沖縄は台風17号をそんなに警戒していませんね。雨のみならいつも通りの対策で十分ですし、何より雨だけなら「停電」の心配も無いですからね。とにもかくにも足早に通過してくれることを願う次第です。


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/09/20-08:48 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲