ページの先頭へ△

2019年09月10日

台風15号通過。そして南の海上には巨大な雲が徐々に・・・



台風15号の話は、本土のメディアがイヤと言うほど取り上げていますので、ここでは進路の話のみ。進路図では東へ抜けたとありますが、昨日1日雨雲レーダーで正確な雨雲の位置をチェックした限り、明確には東に抜けていませんでした。東北地方の沿岸に、まさに沿った状態で北上。結果、東北地方の太平洋側では猛烈な豪雨になったみたいです。ホント、毎度のことですが、この「台風の進路図」は見ちゃダメですね。進路図通りだと東北の方は安心してしまいそうですが、実際はそんなレベルではありませんでした。やっぱり台風時は雨雲レーダーでの情報確認が一番です。

とにもかくにも台風15号は足早に過ぎ去ってくれたようですね。

沖縄も昨日は久しぶりの30度超の真夏日になって、久しぶりにエアコンを使いました。ここ4日間(木金土日)はエアコンなしでぐっすり眠れましたが、昨日は微妙な感じだったので、無理するのもなんなのでエアコン使って就寝。案の定、最低気温で27度超、湿度も95%もあり、さらに無風だったので窓を開けても全然涼しくなかったので、エアコン利用正解でした。

台風13号とその落とし物が沖縄海域の雲を持って行ってくれたので、昨日も今朝も良い天気の沖縄ですが、やっぱり気になる南の海上。既にこのブログではずっとチェックしている雲が、ついに1個にまとまりそうです。まさに周辺の雲をかき集めている感じ。

台風16号の可能性ありそうです。

しかもその気になる雲がある海域で発生するこの時期の台風は、沖縄近海を通る可能性が高く、さらにその後本土にも行くことが多いんですよね。しかも周辺の雲のかき集め方がかなりえぐく、ものすごい巨大な雲の塊になりつつあります。

でも台風って巨大な雲の方が勢力が弱く、むしろ小さい方が中心に猛烈な雲が凝縮されている証拠で、ものすごいパワーになることが多いです。先日の台風15号は明らかにこの傾向。なのでまだ雲が巨大なうちは安心ですが、これが小さくまとまったら危険です。

既に気象予報士の一部もこの雲の塊にお気づきの方もいらっしゃるようですが(それでも遅いw)、今度はこの雲の集まり方に注目したいと思います。

今のところ米軍情報には警戒情報とは出ているものの、まだ予想進路などは出ていませんので、近々台風になることはなさそうです。このまま台風にならずに消滅ないし分散してくれれば良いのですが、根拠はないですが台風になりそうな気がします。

今度は本島かな・・・(ここ数年で本島へ台風接近が最も少ないのでなおさら来そうな気が・・・)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/09/10-09:10 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲