ページの先頭へ△

2019年09月05日

台風は直撃の方が楽!東側の縁をかするのが最悪!!台風13号はどこを通るか!?



よーーーーーーーーーーーーーーやく、気象庁の台風情報に「14W」が台風のタマゴ扱いになりましたね。米軍情報では3日以上も前に警戒情報で出ていたのに、何故にここまで遅いのか謎。まぁ沖縄に住んでいる人で、気象庁の台風情報をアテにする人はほとんどいませんがw(みんな米軍情報を見ている沖縄w)

まだ台風15号には認定されていないものの、米軍情報では既に警戒情報を3日も前から出しており、その進路はほぼ確実に「本土方面」へ。3日前は近畿方面へとの予想でしたが、昨日には中部、そして今朝は首都圏方面へ予想が変わってきています。台風13号で騒ぐより、この「14W」こと台風15号のタマゴで騒ぐべきでは?首都圏の気象予報士殿。

まっ、台風15号は沖縄には関係なさそうですけどねw


まずは沖縄に接近中の「台風13号」

昨日までは順調に北上していて、このまま行けば「寝ている間に通過」ってこともあるかな?って思っていましたが、世の中そんなに甘くないですね。まさかの夜の間に進路変更、そして停滞。結果、まだ宮古島にも最接近していません。さらにその進路変更で宮古島東沖を通過する予想が、宮古島直撃になってしまいましたね。

でも台風って実は「直撃」の方が楽なんです。一番イヤなのは中途半端に中心から離れた場所が通過すること。台風の目の中に入る方がマシで、目に入るか否かの微妙なエリアが最も荒れるんですよね。どちらも経験ありますが、本気で後者はえぐかったです。

特に台風の目の東側の縁は、洒落にならないほど荒れますし、暴風雨も何時間も続きます。風向きもころころ変わって、対処にしようがなくなります。逆に台風の目に入ると、目の中にいる間は雨も風もありませんし、次の暴風雨が来る前に西風になるから、風向きで状況を予測できるので対策もしやすいです。

なので台風13号も下手に進路が西になり、宮古島に直撃しない代わりに、宮古島がその東側の縁に入るとかなりヤバいです。ほんの微妙なコースの違いも、その影響はまさに天と地の差。さてさて今日の台風13号の動き、どうなるか!?


既にFacebookページツイッターでは定期的にアップしていますが、台風13号の詳細進路を今後も更新したいと思います。同じ画像を上書き更新しているので、この記事のものも適宜更新されていると思いますし、専用のページもあるのでそちらも参照していただければと思います。

ちなみに沖縄本島にも南部から徐々に影響あり。でも今朝の那覇は雨無しで、朝ランもできましたし、台風直前の綺麗な朝焼けも楽しめました。その様子は後ほどの記事で・・・




posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/09/05-08:54 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲