ページの先頭へ△

2019年08月16日

沖縄近海に台風10号の落とし物!かなりヤバそう・・・



台風10号による暴風や大雨は、本土のメディアや気象予報士がしつこいほど過剰に報道していると思いますのでスルー(笑)。このブログでは台風10号よりもその落とし物についてメインに綴りたいと思います。

既に昨日のブログで懸念していた台風の落とし物。完全に台風10号から切り離されて、沖縄の比較的近海に残りました。その影響なのか、昨日の夜は宮古島で雷を伴う雨になった時間もあったようで、今朝も沖縄の近海にかなり活発な雨雲群が点在しています。まぁ点在している雨雲群は台風10号の残りかすみたいなものかと思いますが、問題は沖縄の南東の海上にある台風のしっぽですね。

台風のタマゴ。



羽化するか否かはわかりませんが、その場所が問題。沖縄のかなり近海でもあり、この位置では沖縄方面へ移動する可能性が高い。今回の台風10号で唯一直接的な影響を受けないで済みそうな沖縄が、今度はその台風10号の残したもので大きな影響を受けるかもしれません。台風ってこれが必ずあるんですよね。通過して事なきを得ても、その落とし物から次の台風が発生。

もちろんまだわかりませんが、沖縄近海の台風のタマゴと、そして台風発生源のマリアナ諸島近海の台風のタマゴ。はたして羽化するか否か。台風10号情報は今日までで、明日以降はこの2つの台風のタマゴ情報をお届けすることになりそうです(/_;)

根拠はありませんが、羽化するような気がしてなりません。特に沖縄近海のものは、台風10号のパワーが残ったままのものなので、すぐに消滅するとは考えにくいですからね。


posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/08/16-08:50 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲