ページの先頭へ△

2019年08月15日

台風10号。四国全域に猛烈な豪雨!近畿・東海も要警戒



まずは台風10号の情報。気象庁などから出される机上の進路図は一切見ていませんが、雨雲レーダーでリアルな雲の動きから判断すると、台風の中心は豊後水道南、宮崎市の沖合にあるみたいです。でもこの中心の位置はどうでもよく、その周辺の活発な雨雲群がどこにあるかが重要。

それ故に雨雲レーダーを見る必要があるんです!



そこから判断すると、最も活発な雨雲群は四国全域。中でも北側に山がある高知には南から湿った空気が入り山にぶつかり、猛烈な豪雨が延々続くと思われます。同じように風上に山がある大分でも同じような豪雨になっている模様。どちらも次から次へと活発な雨雲群が反時計回りに入ってきますので、台風の中心が通過して風向きが変わるまでは、この豪雨が続くと思われます。

また中心から離れた場所でもその東側では高知と同じ状態になり、中でも風上に山がある三重県や静岡県でもかなりの豪雨になっているところがあるみたいです。しかもこの中心から離れた場所の豪雨は、台風が北上して日本海に出てもまだ影響が残るのが特徴。むしろ中心付近より豪雨になる時間は離れた場所の方が長くなる傾向なので、とかく太平洋側の地域で、北に山があるところは明日も要警戒です。

とにもかくにも、8/15の今日の西日本は、どの地域でも外に出ないで過ぎ去るのを待ちましょう。また東日本も突然の豪雨や突風の可能性がありますので、不要な外出はできる限りしなように心がけていただきたい次第です。


沖縄は風が収まってきており、涼しさの恩恵はなくなりつつあります。ただ波は相変わらず高く、宮古・八重山でこそ船が運航できる2m台なものの、沖縄本島海域は欠航レベルの3m台。そして台風に近い奄美は5m台と、当分は本土〜奄美〜沖縄で物資を運ぶ船は欠航でしょうね。まぁ沖縄本島は航空便もあるのでどうにかなるものの、船便に頼っている離島はせかっくの旧盆なのに物資不足に陥っている次第です。

まぁ本土に比べれば、外に出ることはできますのでまだマシかもしれませんが、1週間も2週間も物資が届かないのも辛いです。今日は買い物に行く予定なので、品不足の状況もチェックできればと思います。


とにもかくにも「過ぎ去らない台風はありません」。待っていれば必ず台風は過ぎ去ります。それまでは「外に一切出ない」で、ひたすら耐えましょう。沖縄でも最大の台風対策は「外へ出ないこと」ですからね^^ゞ

・・・そもそも台風対策でドアや窓を目止めしちゃうので、外に出たくても出れませんが^^;;;

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/08/15-06:49 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲