ページの先頭へ△

2019年08月03日

プチ台風は各地に豪雨をもたらして通過!そして台風8号は?



とにもかくにも、昨日の沖縄、そして奄美の雨は猛烈でした。台風でもないのに夏にあの豪雨は、やっぱり「プチ台風」。この特徴は風は大したことないものの、雨だけは猛烈ということ。まさに昨日の沖縄・奄美の雨は猛烈でした。

8/2の沖縄・奄美の24時間降水量

#辺戸岬 153.5mm
#徳之島 148.0mm
#国頭村 138.0mm
#東村 126.5mm
#宮城島 114.0mm
#名護市街 103.5mm
#渡名喜島 106.0mm
#粟国島 72.0mm
#渡嘉敷島 65.5mm
#那覇空港 49.0mm


でもおかげで昨日は大地も建物も、こもっていた熱が冷め、昨日の夜は久しぶりにエアコンなしで過ごすことができました。おそらく海水温も少しは落ち着いたとは思いますが、まぁ1日だけのものなのですぐに元に戻りそうですけどね。

しかし昨日プチ台風。朝の段階では順調に西へ進んでいるかと思いましたが、沖縄本島に接近すると同時に停滞。なかなか雨が止んでくれませんでした。その後は急カーブして北上。当初は接近しないと思われていた沖縄本島北部や奄美を縦断するような形で進んでいって、そして消滅。まさに南西諸島のみに豪雨をもたらしたプチ台風なのでした。でも接近したのは沖縄本島だったので、宮古・八重山への影響はなく、昨日は天気にも恵まれ相変わらずの暑さだったようです。

なにせ昨日の那覇は日中でも27度前後でしたが、波照間島では33度台でしたからね。同じ沖縄県内でも6度も気温差(相変わらず宮古島だけは気温が低めで31度台)。

でも今日は台風一過ならぬプチ台風通過後なので、那覇も宮古・八重山同様に暑くなりそうです。なにせ今朝の気温は昨日の日中以上の28度前後。昨日まで快適な気候をもたらしていた北風も変わり、湿った生暖かい南風になっていますからね。涼しいのは昨日のみということになりそうです。


そしてプチではない台風情報。


昨日の朝の時点で米軍情報では台風扱いだったものが、気象庁では半日遅れて昼に台風に認定。

台風8号「フランシスコ」
米国の言葉で「男性の名前」だそうです。

沖縄は進路の西側になるので大きな影響はないと思いますが、問題は荒れる進路の東側が本土全域に影響を及ぼす可能性があるということ。まだ予想段階ですが、台風8号は九州直撃コースで、ただでさえ豪雨が多かった九州に今度は台風が行ってしまい心配ですが、さらにこの進路は関東まで太平洋側全域に大荒れの天気をもたらす可能性があります。南から湿った空気が太平洋側の広域に入ってきますので、その南風が本土の山に当たり雨雲が発生。猛烈な豪雨になる可能性があります。

しかもその影響は接近前から始まり、通過後も残りそうなので、荒れた天気が数日続く可能性も!?

沖縄海域も直接的な影響は少ないものの、海は当然シケますので、離島便への影響はもちろんのこと、最も懸念されるのが本土からの物資。この進路だと確実に鹿児島や関西からの船便へ影響があるので、来週の沖縄は1週間単位で物資不足になる可能性高し。

まぁ今回の台風8号は旋回して停滞するタイプではなく、そのままK国まで抜けてくれるようなので、影響時間は短く済むとは思いますが、それでも船ダイヤへの影響は必至。野菜や果物や乳製品は、本土頼みのものが多いので、来週の沖縄の物資が心配される次第です(/_;)

それより本土、中でも九州は今年猛烈に雨が多かっただけに、そこに台風まで来るともう雨は見たくないレベルかと思います。でも先の話のように、今回の台風8号は「通過型」っぽいので、足早に通過してくれればむしろ進路上の方が影響は少なめ。半面、進路から離れた場所の方が影響が長くなるので、来週の本土でも太平洋側は全域で大荒れの天候にはご注意くださいませ。

沖縄は波の影響以外は、北風になって逆に快適な陽気になるかもしれませんが・・・

そして気になる雲。台風9号になる可能性もあるものが徐々に発達中!?こちらは沖縄に影響がありそうな場所。はたしてどうなる?この夏の本格的な台風シーズン!(本土梅雨明け=本格的な台風シーズン到来)



posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/08/03-06:31 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲