ページの先頭へ△

2019年07月19日

夏の台風は本気で助かる!特に雨台風は願ったりかなったり

SV009_L.jpg

「台風」と聞くと、イヤなイメージしかないと思いますが、沖縄に住んでいるとそのタイプによって、逆にウェルカムなことも。今回の台風5号も、明らかにそのウェルカムなタイプで、台風だけど願ったりかなったりなんです。

台風には暴風をともなう「風台風」と、豪雨をともなう「雨台風」に大きく区分されます。もちろん、豪雨も暴風も両方とも網羅するものもありますが、基本的には風台風か雨台風かのどちらかになります。


今回の台風5号は雨台風。ウェルカムなタイプです。


その雨台風と風台風の特徴をまとめてみました。もちろん個人的な見解ですが、沖縄に住んでいる身としてこのように感じる次第です。

雨台風の特徴

  1. 中心付近でも風はそれほど強くないので直撃でも心配ない
  2. 台風の東側で猛烈な豪雨になり雨の範囲も広い
  3. 通過後の方が雨が激しくしつこく降り続く
  4. 停電の心配がほとんどない
  5. 船は欠航しても飛行機はあまり欠航しない
  6. 台風以外で雨を期待できない夏の沖縄では恵みの雨


風台風の特徴

  1. 台風が遠くても広範囲で風が強く波も高くなる
  2. 台風の目が発生しその縁は猛烈な暴風雨になる
  3. 天気のメリハリが明確で雨は局地的で降水量も少なめ
  4. 停電する可能性が非常に高い
  5. 海が広範囲でシケて船が長期間欠航し飛行機も欠航する
  6. 海水が陸上に吹き飛ばされ塩害を引き起こす


雨台風と風台風の見極めは、中心気圧でも判断できますが(気圧が低いものが風台風)、一番は気象衛星画像からうかがえる雲の濃さ。雲が濃くて範囲が広いものは「雨台風」の場合が多く、雲の範囲が狭く渦を巻いている様子が明確なものは「風台風」の場合が多いです。

今回の台風5号は、雨雲群の範囲が沖縄全域のみならず台湾まで包括する範囲の広さが特徴。半面、その雲は画像に明確に現れるような渦を巻いておらず、台風の目もないことから「雨台風」と推測できます。中心気圧も沖縄近海では「990hPa」と、ギリギリ台風に認定されるレベルですからね。


ってことで、台風5号は沖縄に住んでいる身からすると「ウェルカム台風」。特にこの夏の沖縄の暑さは「異常」レベルだったので、この雨のおかげでかなりクールダウン。台風のおかげで、ここ数日は快適に過ごすことができています。


「台風」と一言で言っても、悪者ではない台風もあるんですよね〜。まぁご旅行で沖縄へお越しの方には、雨台風でも風台風でも悪者になってしまうかもしれませんが^^;;;
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/19-11:31 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲