ページの先頭へ△

2019年07月06日

台風モドキ本土近海へ。でも嵐なのは沖縄本島?



写真は1ヶ月前のものですが、今朝、っていうか深夜の那覇。これ以上の雷だったみたいです。なにせ落雷の音で夜中にたたき起こされましたからね。そしてその音と光のタイムラグが少なく、まさに那覇市街で発生した落雷だったみたいです。

さすがに寝ぼけていたので、その様子を撮影する気力はありませんでした^^ゞ

でも雷雨は深夜のみだったようで、夜明け後は雨も弱まり、雷はもうなかったと思います。ちなみにその雷の間の雨もすごかったみたいで、沖縄本島エリア各地でかなりの降水量を記録。おかげで今朝の那覇も、そして昨日の夜も、エアコンなしでも快適に過ごせましたけどね。

沖縄本島エリア各地の降水量(12時間)

#那覇市街 115mm
#那覇空港 108mm
#渡嘉敷島 95mm
#本島南部 85mm
#久米島 84mm




そしてその雷と豪雨の原因。やっぱり昨日まで奄美近海にいた「台風モドキ」の影響っぽいです。雨雲レーダーを昨日から分析すると、その雨雲群は徐々に北上し、本土近海まで到達。その後は徐々に東へ移動し、それに伴う雨雲群のしっぽが沖縄本島に延々かかっていたためのようです。

この台風モドキなどの雨雲群は、夏場は南から湿った空気が流れ込むので、その中心の南側には猛烈な雨雲群ができることが多いんですよね。まさに今回の沖縄本島は南側に位置するので、もろに豪雨の条件がそろったようです。さらに梅雨明け後の夏の空気も相まって、雷を伴う豪雨へ。

沖縄本島の豪雨のピークは越えたものの、この台風モドキが東へ移動する限りは、沖縄本島や奄美への影響は大きく、今日の沖縄本島は激しい雨が何度もありそうな予感。買い物に行きたかったのですが、今日は近場で済ますしかないかな・・・(/_;)

でも那覇など本島南部はまだマシで、雨雲群はわずかながらも北上しているので、うまくいけば那覇は雨雲群から抜ける可能性も!?逆に本島でも北部は、今朝に那覇ほど豪雨になっていない分、日中や午後は今朝の那覇レベルの豪雨になる可能性もあるかも。

ちなみに宮古・八重山は昨日も晴れていましたし、今朝もこの雨雲群からの影響はないと思いますので、この土日は問題ないかな。

那覇も午前に雨が一度上がる時間もあると思いますが、次の雨雲群が既に久米島近海まで来ているので、安心できません。今日は遠出をせずに、雷でたたき起こされた分、昼寝でもするかな〜^^ゞ

ちなみに本土は台風モドキの北側の雨雲群がかかる程度なので、沖縄ほどの豪雨にはならないと思います(南風が入ってこないので)。でも本土も今日はその台風モドキが通過する太平洋側は荒れ模様になりそうなのでご注意ください。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/06-06:39 | 沖縄台風/災害情報
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲