ページの先頭へ△

2019年07月03日

2019年は沖縄本島/奄美エリアが異常に暑い?宮古・八重山以上!?





朝焼けランニング。昨日の夕方は雲が多くて、せっかく夕焼けスタンバイしたのに、全然望めませんでしたが、今朝は良い感じの空模様を眺められました。といっても今朝も猛烈に暑くて、那覇の「最低」気温で28.2度。7月上旬の気温じゃないです。

反面、宮古・八重山はスコールがったおかげで、26度前後まで気温が下がっていて羨ましい限りです。

ただ八重山のスコールはかなり激しそうで、朝の段階では石垣島がほぼ全域で猛烈なスコール。南北方向に延びる雨雲群なので、南風の夏場はなかなか雨雲が抜けないんですよね。でもその分、大地が冷やされますし、海水温も上昇を抑えられるので、良しとしましょう。

逆に沖縄本島はその雨雲群の影響範囲外なので、気温が下がる要素が全くありませんので、今日もこのまま宮古・八重山以上の暑さになりそうです。

そもそも昨日の最高気温も、何故か那覇など沖縄本島エリアの気温が異常に高い。

#伊是名島 33.4度
#多良間島 33.1度
#奄美大島 33.0度
#石垣島 32.8度
#久米島 32.6度
#那覇 32.4度
#波照間島 32.1度
#宮古島 31.2度

多良間島はいつも気温が高めに計測されるので仕方ないとしても、上位に奄美大島と奄美群島に近い伊是名島が入っており、さらに石垣島と同じレベルの気温が那覇と久米島で観測。むしろ石垣島と同じ八重山にある波照間島の方が気温が低かったです。さらに宮古島では那覇より1.2度、奄美大島より1.8度も低い気温。確かに昨日の宮古島ではスコールを観測していますが、基本的に1日中晴れていた感覚でこの気温。

ちょっと羨ましい。。。

でも昨日もそうでしたが、今朝も本島は風が強め。朝ランも向かい風の際はかなり心地よかったです(追い風は地獄ですが・・・)。


ちなみにいまさらですが、気象庁が台風4号を認定。既にベトナム近海まで西に進んでいるので、この段階で日本の気象情報として台風に認定してもあまり意味がないですけどね(台風4号「ムーン」ミクロネシアの言葉で「6月」)。

台風よりも問題は九州南部の豪雨ですね。今朝も九州南部全域に猛烈な雨雲群が停滞しており、記録的豪雨になっているようです。鹿児島県・熊本県・宮崎県はかなり危険なレベルかと思います。沖縄や奄美など南西諸島なら、同じような豪雨でもすぐに海に流れるので大きな影響はそんなにありませんが、本土の場合、山があって水を大量に含んでしまうので、土砂災害や河川の氾濫になってしまいます。

そーいえば沖縄や奄美も梅雨明け間際(奄美はまだ梅雨明け発表されていないけどw)に、同じような豪雨がありましたが、その状況が丸々北上した感じです。なので今後は同じような豪雨が九州北部や四国・中国でもあり得ますのでご注意くださいませ。


さて、沖縄は暑さが問題。この異常な暑さはどこまで続く(上昇する)のやら・・・

2019年は暑さの面で「観測史上最高」の予感が・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/07/03-07:53 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲