ページの先頭へ△

2019年05月22日

本土も亜熱帯化!ハンパない豪雨。でも翌日は一気に天気も回復(するはず)

shintoshin20190521.jpg

沖縄も月曜日は猛烈な雨でしたが、昨日は写真のように一気に回復。

最近は沖縄も本土も亜熱帯化している傾向があるので、雨の降り方が猛烈になることが多いですが、そのあとの回復もめまぐるしいんですよね。沖縄も昨日はこんな感じの快晴でしたので、昨日大雨に見舞われた本土も、今日はこんな感じの空が望めると良いですね。

しかし週明けは沖縄以外で全国的に猛烈な豪雨があったみたいで、屋久島の集中豪雨から昨日の首都圏の豪雨まで、とにかく凄かったみたいですね。昨日24時間の降水量を見ると、もはや全国各地で100mm超の豪雨だらけ。「5月の観測史上最多」の雨も各地で記録しています。でもそーいえば沖縄でも先日、5月どころか1年を通して「観測史上最多」の雨を記録していましたね。

もはや梅雨とか梅雨明けとかのレベルではなく、最近の日本全体は「雨季」ですね。まさに亜熱帯です。

でも雨季なら、梅雨のように雨が延々続くことはあまりなく、猛烈な雨もあれば、晴れもあるって感じで、意外と過ごしやすいかもしれませんね。ちなみに公な梅雨入り発表があった沖縄は、その発表から6日が経過しましたが、「雨」はたったの2日のみ。3日「晴れ」、1日「曇り」って感じで、相変わらず梅雨入り発表すると晴れる日が多くなります(笑)。

昨日の青空も綺麗でしたが、今朝の朝ランの光景もいい感じでしたからね〜。



朝日の見え方で、朝ラン中の時系列がわかりますね。昨日の青空とこの朝の空模様から、誰がどうみても「沖縄が梅雨」って思えませんよね〜。まだ梅雨入り発表する前の方が梅雨っぽい空模様の日も多かったと思います。

でも昨日から沖縄はやや北風が強め。おかげで晴れても爽やかな初夏の陽気で快適でしたが、ただ海は結構シケていました。朝ランの際も北岸の海を何度か見ましたが、かなり白波が立っていましたね。慶良間便は通常通りの運航のようですが、かなり船は揺れそうなので、離島行きの船に乗られる方は注意しましょう。といっても風が強いのは本島海域だけで、宮古・八重山は問題無さそう。北風時の欠航定番の「西表島上原便」も「鳩間島便」も通常運航のようです。

今のところ沖縄海域、ならびに台湾や大陸周辺に活発な雨雲群は無さそうなので、しばらくは安定した天気が続きそうです。梅雨入りしているはずの沖縄ですが・・・

posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/05/22-08:44 | 沖縄の服装/天気
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲