ページの先頭へ△

2019年02月04日

ロングランニングでの光景!やえせ桜まつり新会場にも寄り道

昨日のちょっと長めの朝ランの光景。あまりにいい感じだったので、何度も足を止めて撮影しちゃいました。でもランニングって、止まらず走る方が楽なので、逆に昨日は結構キツかったです。しかも気温はこの写真の光景の時でも20度近くあり、撮影するスマホも汗びっしょりの手で触らざるを得ませんでしたので、戻ってからの掃除が大変でした^^ゞ



夜明け直前。風も弱かったので、水面がいい感じで朝焼けを照らしています。さらに右上には金星なのか星なのかわかりませんが、くっきりと明るい「点」が写っていますね。さらに雲も高いうろこ状になっていますので、この後に朝焼けも期待できそうでした。



先の朝焼けの15分後。うろこ雲がいい感じで焼けました!冬の沖縄では滅多にお目にかかれない、夏の朝焼け。綺麗でした。でもうろこ雲が出ると天気は悪化傾向なので、この良い天気はこの日限定だったのかもしれませんね。



そしてさらに15分後。まだ西海岸にいたものの、東からの朝日も望めました。しかもいい感じでサトウキビ畑があり、そのススキのような光景が絵になっていました。サトウキビの穂はこの時期の風物詩のようなものですからね。

ちなみにこの朝焼けや朝日のあとは、太陽が高すぎて景色的にはイマイチ。撮影に気をとられることなくランニングに勤しんだ次第です^^ゞ

目的は「八重瀬の桜」。八重瀬岳までがんばって走りました(ルートは内緒)。そして八重瀬岳でも、いつもは麓の階段下まで走り、階段は歩いて上るのですが、今回は階段ではなく頂上までの山道(車道)を走りました。なので頂上まで走って行った次第です。しかしその坂道は甘くなかったです。超辛かった!しかも頂上に着いてもイベントは別会場になったので、閑散としていて寂しかったです。

そしてお目当ての桜もほとんど咲いておらず。でもあの「やえせ桜まつり」のハート型のオブジェは、八重瀬岳頂上にそのまま置いてあったので、ちょっと嬉しかったです。



まさに「取って付けた」2019年の表示がやっつけ感満載でしたが、今年もイベント会場が変わっても、このハートから桜並木が望めそうです。でも今回はまだ桜が咲いていませんでしたが、今年はまさに2月中旬のチョコレート会社の陰謀の「あの日」には、いい感じの光景が望めそうですw

そしてその後は那覇市街に戻るだけでしたが、その途中で桜祭りの新会場の近くを通りそうだったので、少しだけ寄り道。一応、どんなものかをチェックだけしてきました。





そしてこれが新会場。八重瀬町役場向かいのJAの駐車場です。その一角に「しーちゃん広場」があるらしいのですが、屋根があるだけのあまり意味が無いスペースです。その意味性を持たせるために、強制的に桜祭りのイベント会場を移設したとしか思えません。なにせ「桜の木」どころか「樹木」さえ一切無いこの会場で、「桜祭り」は無理がありすぎです。張りぼての造花の桜が悲しかったです。せめて桜の街路樹ぐらい植樹してほしかったものです。

ちなみに新会場はかなりしょぼい。とても「桜祭り」と呼べる雰囲気ではなく、単なる「地方のお祭り」。まぁ那覇の桜祭り会場よりはマシですが(あちらはイベントというか盆栽市)、全てにおいて中途半端感が否めません。なので新会場は素通りしただけ。時間もイベント時間に合わせずに行きました。でもこの程度なら、時間に合わせずに行って良かったです^^;

来年もこの場所での開催のままなら、「やえせ桜まつり」はもう行きません。そもそも「桜祭り」なのに、桜の木が一本も無いのは無理がありすぎ!「桜祭り」という名前なら、本来の八重瀬岳でやるべき。この場所で行うなら「やえせまつり」と「桜」の冠をとるべきだと思います。

ちなみにこのあとの那覇市街までの道のり。灼熱地獄。気温が25度近くまで上がり、2月のランニングとは思えないほどハードでした。本来なら補給無しで那覇まで戻るのですが、八重瀬にあるスーパーで給水補給。どうにか那覇までたどり着けました。

2月初旬でまさかの午前中で夏日近くになるとはね。

おかげで走り終わった後の体重が、この時期ではあり得ないほど軽量に!もちろんそのほとんどが「水分」で、走り終わった後に1.5Lのペットボトルを1本空けてしまい、体重は元通りに^^;

でも朝焼けや朝日は綺麗でしたし、既にアップ済みの桜も楽しめたので良しとします!





posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/02/04-08:30 | 沖縄イベント情報
ページの先頭へ▲