ページの先頭へ△

2019年01月24日

オリオンビール、野村と外資に買収。オリオンビールは終わったかな・・・

DF5E3991083B4E56A829C95600899237_LL.jpg

オリオンビールが野村と外資系のカーライルに買収されるニュースは既にでていましたが、昨日、正式に決まったようですね。いろいろ気になることも多いですが、正直なところ、沖縄在住の人はあまりオリオンビールを好んで飲まないんですよね。意外かもしれませんが、同じ値段なら確実にキリンかアサヒを選びます。

ビールはアサヒ、発泡酒と新ジャンルはキリンが沖縄では人気です。

ただオリオンビールは軽減税率が適用され、他のビールより10円〜20円安いので、仕方なくオリオンビールを飲む人がいるだけ。先の話のように、同じ値段なら確実にキリンかアサヒを選んでいますね。生粋の沖縄生まれの沖縄育ちの友人達も、オリオンビールを「好き」と明言する人は1人も居ませんw(沖縄はアサヒ好きが多く、奄美はキリン好きが多い)


なのでこの買収は、正直なところ沖縄県内への影響はほとんどないと思います。


そもそも今回の買収は、ビールより不動産。ホテルは売却しないと言っていますが、オリオンビール本体が買収されれば、必然的にホテル経営へも野村やカーライルが口を出してくるかと思います。結果、オリオンビール関連の不動産も買収されたも同然。買収額が570億円なので、不動産価値を加味すれば、安い買収額です。

もちろんオリオンビールの海外展開という話がメインとうたっていますが、あの旨味がない薄いビールを海外で好まれるか否か・・・

沖縄への観光客にはさすがにオリオンビールは人気ですが、ただ純粋に同じ値段でオリオンビールとキリンやアサヒを並べられたら、どちらを選びますか?オリオンビールは、普段あまり目にしないから観光客に好まれるわけであって、決して美味しいから飲むわけではないと思います。


なので今回の買収も、ビール事業にはまさに旨味がなく、関連事業の旨味を買収された感が否めない次第です。


今後のオリオンビールも、確実に「付加価値のついた高価格帯」の展開しか考えられず、まさに沖縄県民にとってはメリット無し。特に海外展開を考えると、日本の税制だけにあわせた安価な発泡酒と新ジャンルの開発は少なくなることでしょう。


結果、オリオンビールは終わったかな?って印象です。


そもそもビール自体、市場が縮小していて、沖縄でも同様です。沖縄ではビールより安価な泡盛を飲む人の方が多いですからね。ビールばかりを飲む沖縄の人ってあまり見たことないです。まぁ本土でもビールよりチューハイや焼酎や日本酒を多く飲みますよね。

今回の買収は、建前は「オリオンビール買収」ですが、実際は「オリオンビール傘下の事業と不動産買収」ってことでしょうね。

ビジネスにドライな野村や外資系ならなおさらです。

(この内容はあくまで個人的な見解の旨、ご理解願います)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2019/01/24-11:00 | 沖縄ニュース
▼スポンサードリンク
ページの先頭へ▲