ページの先頭へ△

2018年12月16日

沖縄で100km/ウルトラマラソンと言えば「宮古島」です!!

まだやってたんですね。

沖縄本島では数少ないウルトラマラソン

「沖縄100km」

沖縄本島南部の与那原から糸満まで、行って戻るだけのウルトラマラソンとしては飽きるコース。ウルトラマラソンって100kmとかになると、走ることに飽きてしまいますので、せめてコースぐらいは常に違うところを走りたいものの、この沖縄100kmは単純な往復コース。でもその途中で無理矢理、グスクロード公園とかニライカナイ橋を通らせるためだけに、「猛烈な坂」を上らせるという、ウルトラマラソンでは物凄い嫌〜なコース。

沖縄本島南部にも実際住んだこともありますし、今も那覇在住なのでアクセスしやすい「沖縄100km」ですが、ぜっっっっっっっっっっったいに参加したいと思いません!


でも個人的にウルトラマラソンのトレーニングでは、沖縄100kmと同じようなコースを通りますが、その際は折り返しなんてことはせずに、沖縄本島南部を丸々一周するコースにします(約60〜70km)。折り返しをしないので景色や雰囲気が飽きませんので、いいトレーニングになりますね。

また、たまにやるのが、那覇から名護まで走って行くこと。片道70kmぐらいになりますが、名護まで行ったら帰りは「やんばる急行バス」で帰ります。読谷あたりで折り返せば60〜70kmの良いトレーニングになりますが、先の話のように往復コースは景色が一緒なので辛いだけですからね。

ウルトラマラソンの最大の敵は「飽き」。

沖縄100kmのコースは確実に飽きますので、ウルトラマラソンを初めて参加される方も経験者でも、あまりおすすめではないと思います。


やっぱり沖縄のウルトラマラソンといえば・・・

「宮古島ワイドーマラソン」

来年1月で「第29回」にもなる伝統的な大会で、今まで2回参加していますが、どちらも無事完走。宮古島を丸々一周するコースなので飽きませんし、島のどの辺にいるかがわかるので、離島好きには最高のコースですね。しかも3本の大橋を走って渡りますし、景色も良いし、いろいろな意味で良い記念になります(ただ大橋はうち2本は夜中に走るので景色もへったくれもありませんw)。

2019年1月開催の大会は、11月で申込は終了しちゃいましたが、再来年の2020年1月はなんと「第30回」の記念大会。私は2度の参加でもうやめようと思いましたが、この第30回はちょっと悩みますね〜^^ゞ

ちなみにスタートは来間大橋も近い下地体育館から、宮古島を時計回りに一周するコース。来間大橋・伊良部大橋・池間大橋を渡るのが特徴です。さらに東平安名崎の灯台前で折り返すのも良いですね。コースはウルトラマラソンの中でもかなり良いかも?ただ離島の大会なので、沿道からの応援がほぼ皆無。エイドは2.5kmごとにあるので補給は問題ありませんが、ひとりぼっちで走る感が強いのが難点。まぁウルトラマラソンの場合は、他のランナーと一緒に走ることが多いので、慣れている人には気にならないかな?


ってことで、今日、沖縄本島で開催のウルトラマラソンの名前は「沖縄100km」ですが、確実に「沖縄の100kmマラソン」と言えば、「宮古島ワイドーマラソン」です!

そもそもやんばるでも100kmマラソンがありましたが、2017年の第3回で終了だったかな?(NAGOURAマラソン)。ってことは、この「沖縄100km」もこの第3回で終了かな〜?多分、時期的にもNAHAマラソン翌週という最悪の日程ですし、12月の忙しい時期の開催ともなれば、参加者も少なそう。第4回の開催は微妙かな・・・(しかも宮古島が第30回ともなればなおさら参加者が少なくなる)。



宮古島〜インギャーの階段宮古島〜インギャーの階段


宮古島〜インギャーのデッキ宮古島〜インギャーのデッキ


離島ドットコムの壁紙コーナー


miyako100km2017.jpg

posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/12/16-06:22 | 沖縄マラソン情報
ページの先頭へ▲