2018年11月26日

台風28号は多分、間もなく消滅?



根拠はありませんが、昨日から気象衛星の画像で雲のサイズをチェックしていましたが、北上にともない確実に雲が縮小化。昨日の雲の範囲と比べると「1/5」ぐらいのサイズになっています。昨日は台風の目さえ確認できるレベルでしたが、今朝は台風の渦も少ししか感じられないほど、縮小化しています。

この様子だと、今日・明日には消滅?

といっても気象庁などの机上の情報では、雲があろうが無かろうが、中心気圧が一定の数値以上と「想定」されれば、台風扱いになるんですけどね。でも気象衛星の画像や雨雲レーダーで、真の台風情報をチェックしている身とすると、今の雲では台風と呼べるレベルではないと思います。

なので沖縄でも東端に位置する大東島への影響が懸念されましたが、この様子だと大東島に接近する前に消滅しているかもしれませんね。しかも雲そのものが消滅傾向なので、予想進路で大東島近海を通っても、影響はほとんどない可能性も出てきましたね。波の予想では、明日、明後日の大東島海域は「3〜3.5m」の波となっていますが、あくまで台風の状態だった場合の話で、もしかするとそこまで波が高くならないかもしれません。

大東島への船も、何とかなるかも?

ちなみに沖縄全域でも「2〜2.5m」とやや高めですが、ただこの程度なら冬の沖縄なら通常レベルなので、船の運航への影響はそれほど無いと思います。沖縄本島への本土からの航路も、この様子だと影響無さそうです。なにせまたしても本土からネットで物を購入していて、配送待ちだったので、台風による影響が気になっていましたが、今の感じだと大丈夫っぽい。


とにもかくにも、沖縄へも本土へも、この様子だと台風28号による影響はほとんどないまま、消滅しそうな雰囲気であることは確かです。季節外れの台風接近も予想されましたが、机上の台風は接近しても、雲は完全に消滅傾向なので、心配要らないでしょう!

とりあえず完全に消滅するまで、台風情報は追いかけたいと思いますが、明日で終了できそうな気もしています^^ゞ


その前に、今日の沖縄は天気予報では「晴れ」でしたが、朝からかなり怪しい雲の雰囲気。夜明け前後は晴れていたものの、うろこ雲が出ていましたし、気温が23度近くもあって、昨日までより3〜4度も高め。そして風向きも南寄りになってきて、徐々に強まってきています。

「南風&強風=雨の予兆」

せっかくの月曜日ですが、ひと雨ありそうな空気感の沖縄です。まだ湿度は70%弱ですが、この湿度が急激にアップしたら確実に雨ですね。台風28号とは関係ない雨ですが、今日の沖縄は本島から宮古・八重山まで西から接近中の雨雲群に要警戒です。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/11/26-08:20 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲