2018年11月25日

米軍情報でも予測不能な台風28号の進路!



台風28号の進路は、さすがの米軍情報でもお手上げみたいですね。いつもなら4日先まで予想が出るのですが、11/29以降の予想は無し。それだけ米軍情報でも今回の台風は予測しにくいという証拠でしょうね。しかも例年なら、沖縄海域まで北上すれば、すぐに偏西風に乗って東へ移動するのですが、今年は偏西風の位置が北なのか、はたまた弱いのか?

その偏西風に乗って東へ移動してくれないと、沖縄海域への影響もあり得ます。

しかも今の予想進路だと、11/28に大東島にかなり接近とのこと。今日まで離島フェアに来ている大東島の方も、島に戻ったらまさかの台風対策って感じになっちゃうのかな?11月は例年なら台風対策をするほどのものは来ないのですが、この台風28号はホントに厄介な存在。

さらに台風28号は、11月としては異例の「台風の目」も発生。

11月ともなると、沖縄近海でも海水温はかなり低めになるので、台風が発生してもそれほど発達せず、そのまま消滅してしまうのですが、台風28号が目ができるほど発達。発達すればするほど、影響範囲も広くなるので沖縄にも影響が・・・

しかも台風28号は完全に迷走状態で、なかなか先に進んでくれないので、その影響時期も徐々に後ろにずれ始めてきています。来週末のNAHAマラソンまで影響が残ることは考えにくいですが、11/29や11/30まで残る可能性はありますね(NAHAマラソンは12/2)。

そして問題は、沖縄近海通過後。

米軍情報でさえ予測不能なようなので、例年の東へ抜ける進路だけではなく、本土接近の可能性も少なからずあるのかも?まぁ本土直撃はないと思いますが、台風の北側の雲が本土にかかったり、風が強くなったりする可能性はあります。

現在の迷走次第で、到達時期も、到達エリアも変わりますので、早く迷走状態から抜けて何処にでもいいので、スムーズに進んで欲しいものです。少なくとももう少し北上すれば海水温も気温も低いエリアに入るから、台風がパワーダウンすると思いますので。

もう11月も末に近づくのに、まさかの台風接近とはね・・・

まぁ11月でも12月でも台風発生は普通にありますが、沖縄や本土に接近するものはホントに珍しいです。接近せずに例年通りに東へ抜けて欲しいものでs(/_;)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/11/25-08:15 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲