2018年11月23日

どう進む?予測不能な台風28号。影響も予測不能!?



台風自体は迷走しているわけではないのですが、いつもは予想があまり変わらない米軍の台風進路予想。今回の台風28号の予想はコロコロ変わっています。それほど今回の台風は予測しにくい証拠ってわけで、ここまで来ると東へ進むのか、西に進むのかもわからず、ましては沖縄に接近するか否か、本土に接近するか否かすら、予想つきません。

しかもこの時期の台風は北上すると急激にパワーダウンし、雲も小さくなるのですが、台風28号の雲の大きさは未だに「巨大」レベルで、その影響範囲も広大です。もちろん雲があるからといって雨が降るわけではありませんが、それでもこの巨大さは台風シーズンピークでもなかなかないレベル。

まさかの11月も後半になって、ここまで巨大な台風が発生するとは思いませんでしたし、ましてや沖縄や本土方面への接近を心配することになるとは、まさに想像できませんでした。

来週の沖縄、下手したら本土もどうなることやら・・・

あとフィリピンを西に通過した「台風モドキ」は、なんと台風29号になりましたね。でもこちらは超小型サイズで、便宜上台風扱いになったレベル。


台風29号「ウサギ」


日本の言葉で「うさぎ座」だそうです。台風29号は備忘録程度でこのブログにも残しておきます。


とにもかくにも問題は台風28号の進路。沖縄に接近しても良いから、くねくね曲がらず、素直な進路で進んで!って感じです。せめて「西へ進むか」「東へ進むか」だけでもはっきりして欲しいものです。

とりあえあず今週末は影響ありませんが、来週の沖縄への影響は少なからずあるのかな〜?下手すると本土へも影響がある場合も・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/11/23-08:29 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲