2018年11月05日

離島旅行に自転車を輪行される方は事前に百均へw

離島巡りで大活躍の折り畳み自転車。しかし自転車が故に、移動中のトラブルも多いです。特に「パンク」は切っても切れません。なにせ離島の道は未舗装のところが多く、とがった石とか多いですからね。さらに夏場は日差しが猛烈で、タイヤの中の空気が膨張してチューブが破裂なんてことも。

さすがにチューブが破裂したことはないですが、パンクはホントに何度も何度も経験しています。

特に去年か一昨年だったかな?八重山で離島巡りをする際。なんと3回もパンク。パンク修理用のシールを2枚常備していましたが、まさかの2回のパンクに急遽、石垣島のダイソーでシールを買う羽目に。3回目はまさにそれが役立ちました^^ゞ

でもパンクの修理って、百均の道具だけでも十分自分で可能なんですよね。慣れれば30分で修理可能です。

ただパンク修理自体は数分で可能なんですが、問題はホイールからタイヤを外すこと。特に折り畳み自転車のような車輪が小さいものは、外すのが超大変。外すだけで30分以上かかることもあります(逆に装着は外すときにコツを思い出すので簡単です)。

昨日の日曜日、折り畳み自転車で遠出をしていたのですが、移動中は何の問題もなかったものの、家に戻って自転車を玄関に立てかけてタイヤを干していたら(雨の後だったので濡れていて室内にあげられなかった)、突然「パン!」って音が。そして「シュ〜」っていかにも空気が抜ける音。

まさかの室内でのタイヤの破裂です。

原因不明。。。

強いて言えばその「立てかけていた」のが問題だったのかな?自転車の重さが破裂したタイヤに全てかかっていましたからね。でも自転車の重さなんてたかがしれていて、体重の方がはるかに重いはずなんですけどね・・・

ってことで昨日はのんびり過ごすはずでしたが、急遽、我が家は自転車屋になりました^^ゞ

しかも破裂したのは後輪。ギアがあるのでタイヤを外したりのに超面倒。さらに久しぶりのパンクだったので、タイヤを外すコツを完全に忘れていて、ホイールから外せるまで悪戦苦闘1時間近く。どうにか外してチューブを見ると、あの離島旅行の傷跡が!?



3ヶ所もパンクの修理跡がありました。外側のパンクなら何かを踏んだときに起こるのはわかりますが、あのときは内側を2回もパンクしていましたからね。多分、1回目の修理の際にタイヤの中に何かが入り込んだか、タイヤの横から何かが貫通して入り込んでパンクしたんでしょうね。その証拠に、2回目と3回目のパンクの場所が超近い。その入り込んだものを取り除いていなかったので、こういう結果になったんでしょうね。

1回目は石垣島の駐車場で修理。2回目は、なんと西表島の上原港のターミナルで修理。3回目は上原集落の民宿で修理。はっきりと覚えていますw

1回目は慣れなかったので1時間も修理にかかりましたが、2回目は30分もかかりませんでしたし、3回目は民宿だったので修理場所もあってあっという間に完了。なにせ民宿なら水を貯めておく桶もあったので、パンク箇所のチェックも簡単でしたからね。1回目と2回目はトイレの洗面台に水を貯めて、そこまでチューブを持っていってパンク箇所をチェックしていた分、時間がかかりました。

でも今回は完全に破裂して、穴を塞ぐレベルでもありませんでしたし、1つのチューブで3ヶ所もパンクしてればチューブそのものを交換。たまたま予備チューブが1本あったので、交換のみで完了。タイヤの装着もすんなり行きました。

しかしチューブの予備がなくなったのでちょっと焦っています。特殊なサイズのチューブなので、沖縄ではなかなか手に入りません。しかもネットで調べると、チューブそのものは600〜900円なんですが、自転車屋の送料って沖縄だと猛烈!本土600円、沖縄のみ3000円。中には9999円の送料の所も!?

チューブでその送料はないでしょう〜!自転車本体じゃあるまいし!!

しかもチューブはメルカリではあまり流通していませんし、先の話のように特殊なサイズなのでなおさら。まぁ予備がないだけなので、次にパンクしたら修理すれば良いだけですが、なんか不安です。今度、本土行った際に買って帰るかな?


ちなみにパンク修理道具は、離島旅行では必ず持って行きます。現地の自転車屋に頼んで修理もできますが、修理に出すと早くて翌日までかかるので、離島旅行で2日も自転車が使えなくなるのは辛いですからね。

なのでパンク修理は完全に自分でするようになってしまいました。でも自分で修理できれば、自転車屋がない離島(西表島なんか良い例)でも、パンクを気にせず自転車移動できますし、何より安いw

自転車屋でパンク修理すると1000円はかかりますが、自分でやれば百均の修理キット代のみ。もちろん、空気入れを持っている前提ですが、さすがに空気入れは離島旅行では必ず持って行っていますからね。また空気を入れるだけなら、離島の民宿でも借りることもできますので、まぁどうにかなります。

しかし那覇でのパンクは初めてだな〜。

っていうか室内でパンクも初めて。破裂も初めて。そーいえば自転車に乗る前に空気を入れたっけ。あれがダメだったのかな?でも空気圧計付きの空気入れで、きちんと適正量にしたはずなんですが・・・

破裂場所も裂けた様子ではなく、穴だったので何か誘引するものでもあったのかな〜?

ただ、今月は輪行して離島行きも計画していたので、逆に那覇に居る間にパンクして良かったかもしれません。やっぱり離島でのパンクはいろいろ大変ですからね。特に先の上原港でのパンクは、西表島に着いた直後にパンク。西表島での予定がパンク修理の時間で大幅に変わってしまったのは言うまでもありません。のんびり島巡りモードが、島爆走モードにw

離島旅行に自転車を持っていく方は、行く前に百均でパンク修理道具を買って行きましょう!ちなみに宮古島や石垣島ならダイソーもありますので、経由の際はダイソーへ!(自転車屋で買うと5倍以上の価格)。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/11/05-17:27 | 沖縄ライフ
ページの先頭へ▲