2018年11月03日

元台風26号の雨雲群。偏西風に乗って一気に沖縄海域へ



「台風」という定義って、ホントに必要なの?

台風ってあくまで机上の「数値」のみで判断し、実際にある雨雲群がどういう状況かは全く考慮しないんですよね。

台風26号は机上では消滅したものの、雨雲群が消える訳ではありません。しかし台風としては数値上は消滅したので、その後の雨雲群の動きは一切伝えられません。台風のような暴風はなくとも、台風並みの雨雲群はあるわけで、その雨雲群がかかると台風並みの豪雨になります。それなのに、台風の数値としては消滅したことになるので、雨雲群のことは一切伝えられないんですよね。


元台風26号の雨雲群。偏西風に乗って一気に沖縄海域へ


もちろん、この内容も机上の空論かもしれませんが、少なくとも沖縄の現状を見ると、あながち間違っていないと思います。元台風26号の雨雲群は朝の段階で沖縄本島南部と宮古島の間にあり、確実に沖縄本島方面へ向かってきています。


今日の沖縄は、那覇など本島南部で猛烈な雨になる時間もあるかも?


その証拠に現在の那覇はかなり強い東風。台風が南岸を通過する際は、まさにこの東風になるので、この元台風26号の雨雲群によるものだと思います。机上で台風が消滅しても、特にその消滅エリアに近い場所では、警戒は必要なんですよね。

でも大陸から一気に東へ移動してきたので、沖縄海域へ接近しても一気に東へ抜けそうですけどね。なので今日の沖縄も、その豪雨は午前だけで済むかも?午後になれば回復も期待できるかな〜?


ってことで本来、午前に外出予定でしたが、午後にディレイすることとします^^ゞ


ちなみに今日は八重山で「石垣島まつり」ですが、この雨雲群も通過済みなので、開催自体は問題無いんじゃないかな?ただ台風並みの雨雲群が通過したあとなので、風が残る可能性もありますので、屋外での開催なので突風に注意が必要かも?


なので台風が消えても、台風情報はまだ続けざるを得ませんでした(/_;)


でもこの雨雲群が抜けきれば・・・といってもまだまだ気になる雲もありますが・・・
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/11/03-06:16 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲