2018年10月29日

台風26号の北上はもはや不可避?



台風26号は、経度としては沖縄本島の南を通過。間もなく宮古島の経度まで移動します。そのままフィリピンに上陸しそうですが、例年ならそのまま西に抜け去ってくれるので、沖縄への影響は今がピークなんでしょうが、今回は違うようです。

もう3日も同じ予想が米軍から出ています。ここまで来ると、台風の進路は確実?

急旋回して北上!

3日前はまだ「冗談でしょ?」と思えたものの、この3日間、北上ポイントこそ違うものの、明らかに台風26号は西に抜けず、北上する予想になっています。宮古・八重山は台湾がある程度ブロックしてくれるので、接近することはないと思いますが、沖縄本島や奄美は、このまま行くとかなり接近する可能性も!?

さらに旋回後の進路次第では、本土にも影響があるかも?

まぁ本土の南には偏西風がこの時期は流れているので、本土に接近する前にその偏西風に乗って一気に東へ移動しそうですが、それでも進路次第では本土の太平洋側にへの影響の可能性も。

でも本土に影響があるということは、沖縄本島や奄美大島にも影響があるということ。

さらに今回の台風は沖縄の北側を通過する珍しいもので、台風に向かって南から湿った空気が沖縄全域に入ってくると、大気が超不安定になるかも?さらに異常な暑さになる可能性もありますし、豪雨の可能性もありますし、今週ないし今週末の沖縄はどうなっちゃうんだろう?

そして最も心配なのは「海」。

既に大シケの沖縄ですが、沖縄近海を旋回して北上するとなると、この大シケ状態が延々続くと言うことになります。下手すればこの先1週間以上大シケになるかも?そして海がシケると船が欠航し、沖縄への物資が完全に滞ります。先の台風24号&25号では2週間も物資がまともに届きませんでしたが、今回の台風26号はたった1個で2週間の物資不足になる可能性も!?

もーーー勘弁してよーーー!(台風24号&25号でかなり懲りてる)

米軍予想では北上は不可避のようですが、沖縄県民としてはフィリピン上陸後、台風の気が変わって西に抜けてくれることを切に願う次第です(T人T)

その前に間もなく直撃するフィリピン。大丈夫かな?2013年の台風30号のようなことにならないことを願っています。

そういう意味でも足早に「西に抜けて」!!!
タグ:台風26号
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/10/29-09:04 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲