2018年10月28日

台風26号がまさかの北上?ポイントはどこで北上するか!?



昨日の午後の米軍予想は衝撃的でしたが、今朝の台風26号の予想進路は少しだけですが気が楽になるものでした。

といっても台風26号の北上は不可避?

あとはこの北上地点がどこになるかが、今後の予想のポイントかと思います。西まで抜けたあとに北上してくれれば、大陸に上陸するので台風も消滅するかと思いますが、大陸と台湾の間を通過するとなると、そのまま偏西風に乗って沖縄や下手すれば本土方面に進む可能性も!?

そして旋回すると、その内側に位置する沖縄は、台風の影響が長期化。波が高い状態が長く続くと、まーーーた、台風24号&25号の時のように半月もの物資不足に陥る可能性もあります。あのときはホントに辛かったですが、それが再び起こるとなると、まーーーた胃が痛くなります(T_T)

どーーーか、偏西風に乗る前に大陸に上陸して消滅して!!

あと気になるのが、北上前の進路。猛烈な勢力を保った状態で、フィリピンに直撃する可能性が高くなってきました。このブログでも何度も綴っていますが、どうしてもこの10月末や11月初旬の台風となると、2013年の台風30号を彷彿させてしまいます。史上最悪の台風ハイエン。

まぁあのときは「860hPa」という、とんでもない数値でした(正確な数値は記録なし)、今回は「915hPa」と数値的にはまだマシですが、それでも900hPaに近い最強レベルの台風なので、フィリピンへの影響が気になります。

またフィリピンも島国なので、上陸しても台風はそれほど勢力ダウンしませんので、その後に北上しても台風の勢力を保ったままになると思います。

台湾、そして沖縄、さらに本土へ??

台風って陸地を避ける進路を進むことが多いので、この台湾と大陸の間の海峡を進むという予想も、あながち間違っていないかもしれません。さらに北上すれば本土を流れる偏西風に乗るので、東へ一気に移動する可能性も高そう。ただ偏西風に乗ると一気に東へ進むので、本土まで北上することは多分ないと思います。むしろ奄美群島やトカラ列島近海に接近する可能性も。

どーーーか北上せずにそのまま西に抜ける、ないし北上しても大陸に上陸して消滅することを切に願います。

もうこれ以上、船の欠航続きで沖縄が物資不足になるのは勘弁です(台風24号&25号でかなり懲りています)。

胃が痛い・・・(/_;)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/10/28-06:19 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲