2018年10月23日

米軍の台風予想がまさかの変更!台風26号沖縄方面へ?



珍しく、米軍の台風予想が大きく変わりました!

台風26号、北上せずに西へ?

といってもこの時期の台風は、西に向かうか北に向かうかの、どちらかになるので、北に向かわなければ必然的に西に向かいます。なので、この時期としては珍しい進路ではないものの、当初北上の予想だっただけに、西向きになってもやや北寄りの進路に!?

台風26号、沖縄に接近??

もーーー!せっかく秋の空気になって、台風の脅威を気にしなくて良くなると思った矢先に、また台風の可能性も。

しかし昨日の沖縄。もちろんまだ台風の影響は皆無ですが、昨日は何故か南風に変わっていました。この時期はまさに「台風でも来ない限り南風にならない」のですが、そういう意味ではイヤ〜な南風になっています。もちろん南風といっても、ほぼ無風に近いもので、気まぐれな風向きなだけなのかもしれませんが、なんかイヤな予感も・・・

万が一、沖縄に接近するとすると10/30や10/31の「10月末」に影響が。

勘弁してよーーー(ToT)ノ

しかも昨日あたりから気になっていたのですが、台風26号の雲の大きさがハンパなくでかい。この時期の台風だとそれほど発達しないので、雲のサイズもそんなに大きくならないのですが、真夏の台風レベルのサイズ。

雲のサイズが大きければ大きいほど影響範囲も広くなりますし、さらに中心に雲が集まればそれだけ密度が高くなるわけで、接近すると猛烈な嵐になるんですよね。

あとはどの進路になるか!?

沖縄の南をそのまま西へ通過するか?はたまた北上して沖縄に最接近するか?

どっちにしても台風ブログは、当分続けざるを得ません。。。

季節外れの台風は、どうしても2013年11月初旬の台風30号「ハイヤン」を思い出してしまいます。カテゴリー5のスーパー台風です(台風にもカテゴリーってあるんですね:5が最高)。なにせこの台風30号、沖縄にこそ接近しなかったものの、今回の26号のようにマリアナ諸島から西に抜けるもので、フィリピン直撃。

直撃直前の中心気圧が「860hPa」という推測もされている、まさにスーパー台風。フィリピンでは犠牲者6000人超、行方不明者2000人近く、負傷者3万人弱、被災者は1600万人超とも。

その再来のように感じてしまいます。

しかもその再来がフィリピンではなく沖縄方面へ?もちろん、憶測の段階ですし、北上すればそれだけ勢力も弱まるので、台風30号のようにはいかないと思いますが、それでもこの時期の台風は、2013年の台風30号を彷彿させてしまいます。


あーーー!!!胃が痛い。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/10/23-06:55 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲