2018年10月17日

今日は「沖縄そばの日」!沖縄でも本土でも沖縄そばを食べるべし!!

沖縄そばの日旅コラムでも紹介していますが、今日「10月17日」は、沖縄には欠かすことができない大事な日です。っていうか、沖縄の食文化として欠かすことができない日かな?観光客のみならず、地元民も普段からよく頂く、半ば「沖縄の県民食」とも言える、あのグルメの記念日。

沖縄そばの日

沖縄そばの日って知ってる?その日も役立つ沖縄そば屋ガイド
<旅コラム「沖縄そばの日って知ってる?その日も役立つ沖縄そば屋ガイド」>


何故、今日が「沖縄そばの日」なのかは、上記の旅コラムを読んで頂ければわかると思いますが、何より今日に沖縄そばを食べると、様々な特典があるのが魅力です。大盛り無料はもちろんのこと、ライスやいなり寿司サービス、中には沖縄そばの日限定グルメのサービスもあるお店も。

しかしサービスが全く無いお店もあれば、どんなサービスがあるかも明確になっていないので、今日はこの「沖縄のそばのお店選び」が重要。

といっても私自身、沖縄本島に住んでいるので、沖縄本島の沖縄そば屋はあんまり知りません。基本「自炊派」なので、特に那覇では全く沖縄そばは食べませんね。反面、離島旅行中はさすがに自炊も難しいので、沖縄そばを食べる機会が多く、今までいろいろなお店の沖縄そばを食べました。

1番はやっぱり「与那国島のわかなそば」かな?

あの豚骨ベースのスープは絶品です。そば自体もバランスがよく、今まで食べた沖縄そばの中では一番美味しく感じました。でも八重山ではあまり沖縄そばは食べないんですよね〜。沖縄そば以上のグルメもあるので、いろいろ食べ歩いていません。

むしろ宮古島ではいろいろ食べ歩きましたね。

宮古島の沖縄そばは変わり種が多く、食べ歩きも面白い。「カツカレーそば」を筆頭に、「ステーキそば」、「カツオそば」、「ゆし豆腐そば」などいろいろ。でも個人的には「宮古食堂」の沖縄そばと焼き飯の勝手にセットがお気に入りです。なにせ沖縄そばの「小」なら1杯250円と激安。そこに焼き飯400円が加わっても、たったの650円。ちなみにカツ丼も450円と激安ですが、さすがに沖縄そばとカツ丼は食べきれません^^;

でも宮古島界隈で、「味」として一番だったのは、伊良部島の「伊島観光サービス」かな?あの辛味噌が最高でした。食堂が本職じゃないお店だけど、ここの沖縄そばは美味しかったな〜。でもネタ的にはやっぱり「福屋のカツカレーそば」ですけどね。

とにもかくにも、今日は「沖縄そばの日」なので、沖縄ではもちろんのこと、本土でも沖縄料理店で沖縄そばを食べると特典もあるかもしれませんよ。

沖縄でも本土でも、今日は「沖縄そば」を食べに行きましょう!


与那国島「わかなそば」伊良部島「伊島観光サービス」宮古島「宮古食堂」宮古島「春おばぁ」宮古島「ういづ」伊良部島「いちわ」宮古島「福屋」宮古島「皆愛屋」大東島「元祖大東そば」
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/10/17-10:00 | 沖縄イベント情報
ページの先頭へ▲