2018年10月11日

沖縄本島は雨雲群の狭間!今日の天気は読みにくい!!

今日の沖縄・那覇は昨日からずっと「雨予報」で降水確率も70%とか。

普通なら、朝ランも洗濯もしようと思いませんが、沖縄の天気予報なのでスルーして、自分の感覚で判断。朝ランも洗濯もしちゃいました^^ゞ

だって朝ランの際、夜明け前は雲も多かったですが、日が昇る頃には青空も見えてきましたからね。そりゃ朝ランのあとに洗濯もしたくなりますよ。

しかし沖縄本島の東の近海には、ここ最近このブログでチェックしていた雨雲群が接近。昨日の夕方も東の空が真っ暗で、西の空は晴れていて、雨雲群と夕日がせめぎ合っている感じでした。那覇はまさにその境界線だったみたいで、昨日はこんな変な感じの景色でしたね。空の下半分(西側)がオレンジで、上半分(東側)が真っ暗でした。



しかし今日の沖縄でも、特に本島の天気は超読みにくい。

東からそのプチ台風的な雨雲群が接近していて、逆の西からは本土にかかる前線の一部が到来。沖縄本島はこの2つの雨雲群に完全にサンドイッチ状態。でもそのおかげで前線の雨雲群もプチ台風の雨雲群も、沖縄本島まで到達できずにいるのかもしれませんね。

風も西からの前線だと南風、東からのプチ台風だと北風と、2つの風がぶつかり合って、結果的に沖縄本島はほぼ無風。

しかし南風も入るので、今朝の那覇は最低気温が25度近く蒸し蒸し。

今日の沖縄本島は、この2つの雲のせめぎ合いで天気もコロコロ変わりそうです。

ただ、宮古・八重山は東からのプチ台風の影響は無いので、純粋に西から来る前線の雨雲群が到来しそうです。既に与那国島まで来ており、与那国では「1時間に50mm」とか猛烈な雨になっているようです。今後も、八重山でも西から徐々にこの活発な雨雲群がかかりそうなので、ご注意ください。


個人的には、沖縄近海のプチ台風や本土から沖縄までかかる前線より、小笠原近海の謎の雲の塊が超気になります。本来ならこのエリアで雲が発達することは、この時期はまずないのですが、異常に発達中。もはや消えそうな雰囲気はなく、今後の前線次第でどうなるか!?

あと沖縄近海まで接近したプチ台風も、進路を辿るとまるで台風24号や台風25号のような旋回するコースなんですよね。台風情報にはでていませんが、このブログの情報をトレースすると、まさにここ最近の台風のような進み方。

ってことはこの後北上して本土方面へ?

まぁ雲自体は発達していないので、北上とともに消滅しそうですが、こちらも今後が気になります。

この様子だと、また週末(金土日)は荒れた天気になりそうですね。沖縄も本土も。




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/10/11-08:28 | 沖縄の服装/天気
ページの先頭へ▲