2018年10月09日

連休前と連休後。海の状態が違いすぎ!



連休前、そして連休前半も、あれだけ荒れ狂っていた海が、今朝はこの状態。

今朝の那覇港。水面が鏡のよう!

そして久しぶりに、那覇港に船が戻ってきていてほっとした光景(中央の最も明るいところが鹿児島〜沖縄航路の船)。

風もなく、空気もこの時期としては乾いていて、清々しい朝でした。気温も23度前後と、朝ランするには良い陽気。でもまだちょっと暑くて、走り終わった頃には汗だくでしたけどね^^;

でもこの連休は、前半こそ海が荒れ狂っていましたが、天気的には3日間ともいい感じでしたね。まぁ海遊びは無理でも、観光するには最高の気候だったのではないでしょうか?まぁ私は、那覇まつり中止にうちひしがれて、特に遠出もしていませんが、それでも快適に3日間を過ごすことができました。

な〜んか、10月末の「ベストシーズン」の気候。

今年の沖縄は、全てにおいて1ヶ月先の気候ですね〜。梅雨も本当は4月だったし、梅雨明けも本当は5月だったし、台風シーズンも8月にはピークになっていたし。でもこのまま冬シーズンになると、寒くなるのも1ヶ月早いかもね。となるとこの冬の沖縄は物凄い寒くなる?

まぁ先のことはわかりませんし、また暑くなるかもしれませんし、とにもかくにも今年の気候は読めませんね。

ちなみに沖縄に東から接近してきていた雲の塊は、昨日は突然移動停止。大東島の南の海域で立ち止まっています。その代わり、雲は縮小化してきたので、このまま消滅してくれると助かります。

ただし、そこから分離した雲が本土近海に集まり、徐々に発達中。

まさかの沖縄以北の緯度で、雨雲群が発達しています。いわゆる西から来る前線の雲ではなく、マリアナ諸島近海から移動してきたものなので、単純に東へ移動するものでは無さそうです。

本来なら沖縄近海で発生するような雨雲群が、本土近海で今年は発生、発達しますよね。

さてさてどうなるか?

ちなみに八重山西の雨雲群は、ま〜だ停滞中。でもわずかですが西に移動し、与那国島のみ影響がある感じです。

でもこのブログでも気象情報が平和で嬉しい限りです。台風25号までは、本気で心身ともに疲れていましたからね。ここにその台風情報を書くのも辛いほど。でもこの連休でかなりリフレッシュでき、台風以外の情報も書くことができるようになり、気分的にも楽になりました。

あとはこのまま台風シーズンが完全に終わってくれることを願うばかりです。

その指標は強い北風の「新北風(ミーニシ)」。これが常に吹くようになれば台風シーズンも終わりになります。でも今のところ沖縄は「無風」なので、まだまだ先かな?って感じですけどね。




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/10/09-08:33 | 沖縄の服装/天気
ページの先頭へ▲