2018年10月07日

台風消滅?いやいや雲は消えません!北海道は要警戒。



台風25号は消滅したと言いますが、あくまで机上の話。っていうか役人や気象庁の都合の話。活発な雨雲群が消えるわけではありません。

その証拠に、北海道は大荒れの天気。正直、「台風のままでいいじゃん!」って毎回思います。台風じゃなくなると、急に情報発信を止めちゃうので、北海道や東北の方に情報が伝わらなくなってしまいます。台風はこの情報が全てなので、それを台風消滅の一言で、情報断絶させてしまうのは考えもののような気がします。

なので北海道の方は、台風が消滅したといっても、台風直撃中と認識して、安全第一で今日は過ごして欲しいものです。沖縄同様に、不必要な外出は避け、悪天候が収まるまでひたすら耐えましょう。今回は停電が発生しないことを切に願います(前回の停電は地震によるものでしたが、この台風なら停電の可能性も有り)。


そして沖縄。


台風一過はありませんが、台風二過(2日後)にはなることもあり、昨日はまさにそんな感じでした。でもやっぱり1日晴れることはまずなく、雨こそ無いものの、晴れたり曇ったり空模様がめまぐるしく変わっていました。

でも今朝になると台風三過(3日後)で、天気もどうにか安定。朝からほぼ快晴の那覇です。

しかし昨日から、何故か宮古・八重山近海にだけ活発な雨雲群があり、昨日は気になるレベルでしたが、今朝はかなり危険なレベルまで発達。いわゆる、気象庁の情報はもとより、米軍情報にも載らない「プチ台風」的な雨雲群が、八重山近海に停滞しています。特に与那国島はその中心に近く、猛烈な雨になるタイミングもあるかもしれません。また八重山の他の島々でも突然の豪雨の可能性があるので、このプチ台風が停滞している間は、雨雲レーダーなのでその位置を常に把握しておきましょう。


そしてマリアナ諸島近海の気になる雲。


日によって雲の大きさはかなり変わりますが、確実に沖縄方面へ向かって進んでいます。しかもなーーーんか、台風24号や25号と同じような進み方。でも雲のサイズが小さく、渦も今のところ明確には巻いていないので、台風まで発達することはそうそう無いと思いますが、気になる雲がここまで見事に消えずに沖縄方面へ進むのも珍しいです。

まぁその理由は、台風24号と台風25号という、大きな台風が連発し、この海域の湿った空気を全部持って行っちゃったからなんでしょうね。結果、発達しようにもできないまま沖縄方面へ移動中。あの2つの台風がなければ、この気になる雲は台風26号になっていたのかもしれませんね。

ってことで気になる雲。このまま消滅しないで進むと、連休明けぐらいに影響あるかな?

そもそも八重山近海のプチ台風が、今後どう動くかもありますが、台風過ぎてもまだまだ油断できない沖縄であることには違いありません。本来ならこの体育の日連休までが台風シーズンピークなので、今後は徐々に台風到来のリスクも減ってくるはずなんですが、今年は「平年」とか「例年」とかのセオリーは通用しない台風。


10月中旬以降はどうなるか!?(本来なら台風が来ないベストシーズン)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/10/07-08:51 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲