2018年09月23日

台風24号スピードダウンの予想?選挙に影響あるかも?



気象予報士も台風24号で騒いでいますね。

予想しにくいって。

でもそれを予想するのが気象予報士で、そのための国家資格じゃないのかな〜?「予測しにくい」の一言で済ませては、プロとしては失格のような気がします。もちろん、このブログは気象予報士でもなければ国家資格ももっていない「素人」の戯言ですが、少なくとも「本土の気象予報士」より「沖縄に住んでいる人(私以外)」の方が、台風の判断は当たっているかもね^^ゞ

ってことで、台風24号は予測しにくいですwww

それでも考え得る進路を予想して、どの進路になっても対処できるようにしておくのが、沖縄で生活するうえでのポイント。最悪の進路も含めて考えるようにしています。


今のところ影響最小の進路は、先の台風22号同様に西に抜けるコースですが、9月の台風は進路を北に変えて北上しやすいので、あくまでこの西に抜けるコースは「希望的観測」です。

最悪の進路は八重山直撃コース。この場合は沖縄全域が台風の東側に入るので、全域で嵐になるまさに「最悪」のコース。さらにそのまま北上すると本土にも接近するので、輪をかけて「最悪」になります。


でも今のところは北上よりも西に抜ける方が確率が高そうですが、ただ気になるのが進路以上にその速度。どうも沖縄の南でスピードダウンしてしまうそうです。スピードダウンすると台風はさらに発達して猛烈になりますし、その影響時間も長くなります。さらに台風がスピードダウンする時は、進路が変わる前触れでもあり、先の最悪のコースの「北上」する可能性もあると言うこと。

さらにスピードダウンすると、当初は「9/27」か「9/28」に沖縄へ影響がありそうでしたが、もしかすると「9/30」の沖縄県知事選当日に影響がある可能性も。

史上最悪のマナーの悪い沖縄県知事選ですが、天気まで最悪になる可能性も出てきました。台風でも投票日(9/30)は変更できませんので、どうなることやら。。。もちろん、期日前投票をすればいいだけなんでしょうが、投票日なら歩いてすぐの所の投票所があるのに、期日前投票だとわざわざ遠い所まで行かないとできませんからね。


今週中に台風の進路から判断して、期日前投票するか否か考えなければいけませんね。


ちなみにその期日前投票で、沖縄では「あり得ない」ことが横行しているらしいですね。記入した投票用紙をスマホで撮影して、誰に投票したか会社に報告させられるとのこと。もはや沖縄には、選挙活動のモラルもなければ、投票の自由もないんですね・・・

ホントに沖縄の選挙って最低です。
(立候補者も選挙活動もそれを取り巻く環境も人も最低)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/23-08:03 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲