2018年09月21日

台風24号。間もなく!?



このブログを日々ご覧の方は特に驚きはないと思いますが、マリアナ諸島近海の気になる雲。米軍情報では「台風24号」扱いになりました。昨日の夜まではまだ要注意情報程度でしたが、今朝になって台風情報として登場。予想進路も出ていますが・・・


今シーズン初の沖縄本島最接近?


といっても既に沖縄本島に接近した台風はありましたが、風も雨もほとんどない「単なる雨雲」だったので、あれは無しということで。でもあのときは、台風が沖縄本島にほぼ直撃レベルだったので、台風対策を万全にしたのに、雨も風もほとんどなかったですからね。

しかし今回の台風24号(まだ気象庁では認定されていないけど)。危険な台風になりやすい、マリアナ諸島近海での発生なので、かなりヤバいです。しかも米軍予想も、先の台風22号のように西に抜けるのではなく、沖縄近海で北上をするとこと。先の台風22号の予想も的確だっただけに、今回の米軍予想もこの通りになりそうな予感。

あとは沖縄近海でどこを通るかですね。

沖縄本島の西なのか、東なのか、はたまた直撃なのか?

最接近のタイミングは、旋回するか否かは大きく変わりますが、今の感じだと沖縄本島最接近は9/27〜9/28。沖縄知事選の投票日は通過後だとは思いますが、いろいろな意味で気になる時期ですね。まぁ台風が接近すれば「選挙騒音」もなくなりますが、停電レベルになるとそれどころじゃありませんからね。

でも今回の台風は、既に「停電対策」が頭をよぎるレベル。

沖縄の場合、台風発生と同時にどの程度の影響があるかを、ほとんどの人が理解できるので、台風が接近しても対策は万全。結果、家屋への影響も少ないですし、怪我する人も少ないですからね。むしろ台風接近時に怪我するのは「観光客」。台風接近時に平気で傘を差して外出しようとしますからね(台風時に傘を差す=傘が煽られて転倒=傘が飛ばされて他人に怪我させる)。

もちろんまだ沖縄に接近しない進路になる可能性もありますし、最接近するタイミングも前後する場合もありますが、とにもかくにも「1週間後の沖縄」は要注意です。

ちなみにまだ正式に認定されていませんが、台風24号。

名前は「チャーミー」、ベトナムの言葉で「花の名前」と、名前は可愛らしいです。しかしその進路、威力は、可愛いじゃ済まないことになりそう・・・

さてさて1週間後の沖縄。どういう状況になっているか!?

posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/21-08:09 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲