2018年09月16日

台風22号の影響あり!今日の沖縄の海は見るだけにしましょう!!



台風22号はフィリピン北部に上陸。905hPaという猛烈な勢力での直撃で、残念ながら犠牲者が出てしまいました。今朝の段階でわかっている限りでは、犠牲者8名。5年前の台風30号では犠牲者6000人超だったのですが、あのときに比べると人口密度がそれほど高くない場所に上陸したのでこの数でしたが、それでも犠牲者が出る台風の威力。

再び海に抜けたものの、台風22号はまだ950hPaもあって、猛烈な威力を保ったまま、今度は香港やマカオ方面へ移動中。

上陸ポイントはもう少し西になりそうですが、しかし台風は中心の北側から東側が最も被害が大きくなり、まさにマカオや香港がそのエリアに入りそうです。もちろん香港もマカオも、そしてフィリピンも、沖縄同様に台風には今まで頻繁に遭遇しているので、的確な対応はできると思いますが、ただ今回の台風の威力はハンパないので、マカオや香港への影響も心配です。

上陸後もこの様子だとしばらく台風のまま猛威を振るいそうなので、これ以上の被害が出ないことを切に願います。

ちなみに沖縄への影響は、天気的には八重山に雨雲が局地的にかかった程度で、全般的には雲を持って行ってくれた感じで、天気的にはメリットがあったみたい。また南から湿った空気が入り、連日この夏一番のレベルの暑さ。風があっても熱風で、全然涼しさを感じないものでした。

そして海は大荒れで、宮古・八重山では南海域では「5m」、本島海域では3mの波と、今日も1日大シケになりそうです。


さすがに八重山では波照間便と、南航路の黒島便が欠航。でも他の航路は今日は通常運航とのこと。さらに慶良間航路は、今のところフェリーも高速艇も運航予定。高速艇で一部欠航もありますが、島への往来は問題なくできそうです。

ただし・・・

海は大荒れなので、今日は見た目が穏やかでもぜっっっっっっっっっっっっったいに泳がないでください。沖縄海域で欠航便が1便でも出ているってことは、海は荒れている証拠。海で泳げるか否かは、沖縄全域で欠航便がない状況のときのみ。

今日は波照間便・黒島便・慶良間便で欠航が出ていますので、まだ泳いではダメな状況です。どのみち泳いでも、海は濁りまくっている段階なので、無理して泳いでも何も良いことありません。また今日、マリン系のツアーを開催するショップも、無謀なので避けた方がいいと思います。

過去に今日のような状況でツアーを開催し、行方不明者を出したショップもありましたからね(そのショップはその直後に廃業)。

今日の沖縄の海は「見るだけ」にしましょう!


ちなみn台風22号が落としていった雲の塊。今のところ大丈夫っぽいです。この様子なら、明日以降は台風ブログをお休みできそうです。まぁ気になる雲はありますが、すぐに台風になる状況ではありませんからね。また本土に雨をもたらしていてプチ台風も、打ち止めになったみたいで、激しい雨の心配は要らなさそうです。

天気的には穏やかになると良いですね。連休後半は。(といっても今日・明日のみ)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/16-08:59 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲