2018年09月16日

明日は多良間島の豊年祭「八月踊り」船は厳しいかも?



先日公開された旅コラムは、多良間島を紹介したものでしたが、正直なところ明日から多良間島で始まる「八月踊り」に合わせたものではありませんでした。っていうか、最近は入稿してから公開まで時間がかかるので、公開されても八月踊り直前になると思っていたものの、まさかの入稿翌日(1週間前)に公開^^ゞ

でももともと「八月踊り」のあとの公開を考えていたので、大きく八月踊りのことは書いてませんでした。もう少し書いておけば良かったかな〜?なにせ多良間島で最も盛大な祭事ですからね。まぁ行ったことないけど^^;

2018年の多良間島の豊年祭「八月踊り」は、明日の「9/17」から3日間の開催。

基本的に多良間島へは、宮古島から飛行機で1日2往復が就航しており、飛行機なら問題なく移動できることでしょう。船は日曜以外に毎日1往復していますが、台風22号の影響でちょっと厳しそう。特に9/17の序盤はかなり厳しいかな?さらに、八月踊りの期間は、石垣島からも安栄観光が臨時便を出しますが、かなり厳しいかな〜?宮古島からの船は大きなフェリーなので、まだ波も耐えられるかもしれませんが、石垣島からの船は安栄観光なので大きな船はありませんからね(あっても波照間島へのフェリーでそんなに大きく無い)。

出たしても船は大揺れ必至なので、船で移動される方はいろいろな意味でお気を付け下さいませ。

ってことで、今週末の壁紙は多良間島の2つの港。旅コラムでも掲載していない写真でーす。もちろん、海が穏やかな時の光景でーーーす!

1つは新しい現在利用している「前泊港」。その沖の海は、波照間港の沖のように珊瑚と青い海が織りなす芸術。これはフェリーじゃないと望めない光景ですからね〜。そしてもう1つは、旧港の「普天間港」で、こちらは深さがあまりない港なので、逆に見る分にはいい感じ。もちろんフェリーが発着していた場所は深いですが、漁港となっており側は浅めで、いい感じの海の色が望めます。

個人的には、多良間島ではビーチよりも港の方が綺麗な海が望めると思います。

そしてその多良間島で、11月の11日のぞろ目の日に「たらま島一周マラソン」が開催。なにせまん丸い島で、一周約20kmとわかりやすい!でも集落はやや内陸になるので、コーストしては23〜24kmだったかな?もちろん真っ平らな島なので、坂も無く島巡りしながらマラソンできると思います。

さすがに港はコースになっていませんが、多良間島の海側の周回道路を一周するので、海側の名所をくまなく巡ることができると思います。ヨロンマラソンの坂が全く無いコースって感じかな?(与論島も一周約20kmちょっと)。

申し込みは8/1から9/30まで。

でもヨロンマラソン同様に、エントリー以上に島の宿確保が問題になる離島のマラソン大会。でも飛行機で往復すれば日帰り参加も可能ですし、宮古島からの行きの船もマラソン大会に合わせて臨時便が出るので、行きは船で帰りは飛行機でも日帰り参加可能。1泊すれば完走パーティ的なものも参加できますけどね。

詳しくは多良間村のページを!


多良間島〜前泊港沖多良間島〜前泊港沖


多良間島〜普天間港沖多良間島〜普天間港沖


離島ドットコムの壁紙コーナー
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/16-07:13 | 沖縄イベント情報
ページの先頭へ▲