2018年09月15日

台風22号フィリピン北部に上陸!さらに進路がやや北寄りに?



台風22号。ついにフィリピン北部に上陸。しかも当初の予想より、やや北寄りを進んだので、沖縄に少し近くなり、沖縄にも大きな影響も!?

さすがに雨雲群本体は沖縄までは届いていませんが、風はやや強めで、そして海は大シケモードに。

八重山では今日の波は「5mのち6m」、明日も「6mのち4m」と、どうやら波は今夜がピークのようです。

昨日のブログでも綴りましたが、予想通りに八重山では南航路の「波照間便」「黒島便」「西表島大原便」に影響有り。朝の段階ではまだ「未定」になっていますが、この様子だとこの3航路は確実に欠航便が出てきそうです。

本島海域でも台風22号が北寄りになったので、影響はさらに大きくなり、慶良間便はまだ運航予定が発表されていませんが、確実にフェリーも高速艇も欠航でしょうね。波は1日じゃ収まりませんので、明日も欠航便が出ると思いますし、明後日も航路や船によっては欠航便が出る可能性があるかも?せっかくの連休ですが、船でしか行けない離島行きは厳しい島が多そうです。

でも天気的には台風22号が雲を持っていき晴れていますし、気温も南から湿った空気が沖縄全域に入ってきているので、この夏一番の暑さのレベル。なにせ今朝は那覇で最低気温が「28度」、石垣島では「29度」と、9月の深夜早朝の気温じゃないレベル。那覇市街も猛烈な暑さで、昨日の夜は寝苦しかったです。

特に那覇は風がそれほど強くないので、じっとしていても汗が噴き出してくるレベル。かといって、暑いから海に入るのは危険な状況の今日の沖縄。どう過ごしたら良いのか悩みますね。まぁ陸上を観光する分には問題ありませんので、海遊びさえしなければ沖縄旅行でお越しの方も楽しめると思いますが、この3連休の海はかなり危険ですので、近づかないことをおすすめします。特に南岸〜東岸は波がモロに入ってきますので、見た目が穏やかそうでも絶対に海に入らないで頂きたいものです。


しかし沖縄への影響は大したレベルではなく、気になるのはフィリピン。どうしても5年前の台風30号の悪夢を思い出してしまいますが、今回はやや北に逸れたので、フィリピン全体としては台風の南側がかかるので、大荒れになる北側ではない分、台風30号の時よりはまだマシかも。

といっても避難レベルの台風なのは確実で、既にフィリピン国内でも避難をしている話を聞きます。

どうか足早に過ぎ去ってくれることを切に願います。


そしてその後は香港方面に向かっており、その香港でも既に台風対応が始まっているらしいです。でもこの香港も先のフィリピンも、台風には慣れていますので、対応が早いですよね。台風時はこの対応の早さが全て。そういう意味で、日本の気象予報士の「台風接近時」のことばかり騒ぐのはホントに意味がありません。間違ってもいいので、「台風前」に具体的な注意を促して欲しいものです。それがあれば、先日の台風21号の時も、被害はもっと少なくなったと思います。

とりあえず台風22号は、フィリピン上陸前は「905hPa」まで発達しましたが、上陸後は「925hPa」、抜けた後は「945hPa」と少しは勢力が衰えました(数値が小さいほど強力)。それでも先日の本土に上陸した台風21号より、数値的には強力な台風22号。人的被害が出ないことを願うばかりです。


ちなみに図ではここ数日書いていたものの、ブログ自体では触れていなかった、本土のプチ台風。相変わらず居座っていて、特に今日は2つに挟まれた中部地方でかなり激しい雨になっているようですね。

なんなんでしょうね。このプチ台風の通り道。もう4個連続。まぁ雨だけなので天気的には荒れていないと思いますが、ただ本土の場合は多すぎる雨は土砂災害に繋がるので、この3連休の本土は「山」や「河川」に注意が必要かもしれませんね。


結果、この3連休は沖縄も本土も自然を避けた方が無難なのかな?残念ですが、気象だけはどうすることもできませんので致し方無しです(/_;)
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/15-07:06 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲