2018年09月13日

台風は少しの進路変更で影響が大きく変わる!!



台風22号の進路予想が、ほんの少しですが南寄りに変わりましたね。図としては大したレベルではないように見えますが、この少しの進路の違いで沖縄海域への影響を大きく変えるんですよね。台風本体の雲がかかるか否かもありますが、特に変わるのが「波」。

今日から既に波が入ってきていますが、船が欠航するか否かはこのちょっとの差で確実に変わります。

今日の時点で、台風に最も近い八重山では、波は2〜3mですが、明日は4m、明後日は5mの予報も、この進路の違いで確実に変わってきます。さすがに台風に最も近い波照間便はどのみち欠航レベルかもしれませんが、その他の航路はこの台風のちょっとの進路の違いで大きく変わってくるかと思います。

ただ先日の21号のように東からの波なら、沖縄本島西岸の航路への影響は少ないですが、今回は南東からの波なので、本島西岸でも南に位置する慶良間や久米島には確実に波が入ってきます。早ければ明日から、遅くても明後日の便には影響が出てきそうですね。特に慶良間の高速艇はこの週末は厳しいかな〜?

また八重山でも波照間便以外で南東からの波を受けやすい、黒島便と西表島大原便は運航状況に要注意です。与那国便と多良間便はもともと波の影響を受けやすい海域を通るので、しばらく無理でしょうね。まぁどちらも航空便もあるので、島の生活への影響はそれほど大きく無いかとは思います。もちろん最も影響を受けやすい大東島便はしばらく無理でしょうね。

今年は沖縄に台風が接近することはほとんどありませんが(接近しても弱いレベル)、この間接的な影響を受ける台風はホントに多いですね。おかげで毎週末のように物資不足になる状況で、買い物がホントに難しいです。

特にドンキホーテや業務スーパーのように、本土から物資を仕入れるところは、ホントに棚が空の状態ですからね(この2つはよく行くのでモロに影響ありw)。


ってことで今回の台風22号のポイントは「波」と断言できるでしょう。週末の連休に沖縄旅行にお越しの方は、この「波」の情報には常に注意を。また泳がれる場合は、南東方向から波が入りにくい、北向きのビーチがおすすめ。沖縄の多くのビーチは北向きが多いので、沖に出なければ泳ぐ分には影響が少ないかもしれませんね。

また天気的には昨日も今朝もそうですが、台風が雲を持って行ってくれて、安定した晴天。ただ南から湿った空気が入ってくるので、今日の夜中でも28度弱もあり、湿度も80%台と、猛烈に蒸し暑いです。

もう9月も中旬なのに、まるで8月初旬のような陽気です。

沖縄旅行にはいい夏の陽気かもしれませんが、生活するには暑すぎます。しかも今日からモラル皆無の沖縄県知事選が本格的に始まり、騒音対策で窓を閉め切らねばならず、この暑さの中窓を開けることができないのはホントに辛いですわ・・・(T_T)

暑い時期の選挙の際は、迷惑料で電気代を候補者に出して欲しいものです^^ゞ

ちなみに迷惑騒音は今日から解禁。午前8時から午後8時までの12時間。9月29日まで続きます。本気で奄美の離島に避難しようか模索中w

でも連休が絡むので宿代がハンパなくかかる。窓を閉め切ってエアコンを1日中点けっぱなしにした方が安上がり^^;;;

ホント、沖縄のモラル皆無の占拠は、市民にとっては迷惑でしかありません。

憂鬱な17日間が始まります。。。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/13-07:40 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲