2018年09月05日

「大阪湾台風」という名称。確実?

関西国際空港や和歌山市で、最大瞬間風速60mにせまる暴風をもたらした台風21号。まさに大阪湾を進んで、大阪湾に面する各地に甚大な被害を与えてしまいました。

この進路、その影響から見ると、2018年9月の台風21号は・・・


大阪湾台風


という名前が確実に付きそうですね。

でも本土の台風は今回もそうでしたが、移動速度が速いので対策をしっかりしていれば、半日待てばやり過ごせますが、いかんせん本土の場合は台風にあまり慣れていないので、その対策が十分できなかったかもしれません。

沖縄の場合、台風が来る前に今回の台風がどのレベルか、ほとんどの人の耳に入るので、前日までに台風対策は万全。結果、スーパーの特定のコーナー(パン、水)が空になっているのですが、それは台風対策が万全である証拠かもしれません。

本土の場合、この迫り来る台風の情報が耳に入りにくいと思いますし、入ってもその対策を「具体的」になにをすれば良いのか慣れていないので戸惑ったかと思います。でもそういう時は行政が主導して、台風の事前対策を促して欲しいものですが、どうもその行政の動きが遅い、っていうか動きがないようですね。

ニュースとかで台風接近時の「外で被害に遭った」って話を何度も聞きましたが、そもそも台風接近時の外に出ている方が疑問。お店や施設を全て閉鎖していれば、その外出もないわけで、行政や企業が台風を甘く見ている感が否めない気がします。


台風は「接近時は“一切”外に出ない」。それが必須です。


今年はことごとく本土に台風が向かっているので、これからの台風シーズンピークにもなると、同じような台風が本土にまた行く可能性があるので、どうか今後はしっかりと事前対策できるように、行政も企業も動いて欲しいものです。


ちなみに台風21号は、宗谷岬沖を抜けましたが、まだ台風の勢力を保っています。北海道は台風に向かって南風が入り込むので、もうしばらく要警戒です。他のエリアは台風一過になって真夏の陽気に戻るとのことですが、台風直後は様々な場所が水浸しになるので、放っておくとカビやサビになるものもあるので、今日は仕事の前に台風の後始末をするのがおすすめです。沖縄でも台風直後の後始末が、台風前の対策よりも重要ですからね〜。まぁ沖縄の場合は、台風による「塩害」があるので、その塩を綺麗にする必要がありますからね。

ただ台風21号が通過して、しばらく安泰と言いたいところですが、このブログでは既にヤバい雲の塊をレポートしていますし、そのヤバい雲がついに米軍情報にも登場。まだ予想進路は出ていませんのですぐに台風にはならないと思いますが、他にもマリアナ諸島近海にも新たな雲の塊もあり、今後もまだ油断できそうになりません。

なにせ台風21号の進路の脇に、その2つともありますからね・・・気になる雲の塊・・・

まぁ9月はそもそも「台風シーズンピーク」なので、10月までは油断できませんが、今年の台風はな〜んか本土方面へ行く傾向があるので、今後もどうなることやら・・・


posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/05-08:13 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲