2018年09月03日

台風21号。沖縄本島は良い影響?



申し訳ないぐらいに、「超快晴」の今朝の那覇です。でも風向きが「北」に変わったので、確実に台風の影響はでているのですが、那覇など沖縄本島には良い影響って感じですね。台風っていい感じで離れた場所だと、雲を持って行ってくれて物凄い天気が良くなりますし、さらに乾いた北風が入ってくるので、かなり涼しく感じられます。

今朝の那覇もまさに爽やかな北風が入ってきていい感じ。でも運動するにはまだまだ暑いですけどね^^;

朝ランもさることながら、昨日の「ビアフェスト&全島エイサー」のための自力移動も、暑さにかなりやられましたからね〜。まぁ昨日のレポートは後ほどということで、まずは台風21号の情報。



まさに米軍予想通りに進んでいて、この図も描くのが楽です。なにせここ数日、進路コースの微調整のみで済んでいますからね。ただほんのわずか西にコースが逸れたようで、当初は沖縄全域に直接的な影響は無いと思われていましたが、大東島に台風21号本体の雨雲群がかかっています。

といっても北大東島で最大瞬間風速「23.1m」、南大東島でも「20m超」の風が吹いていますが、まぁ30m未満なら大したレベルではありません。しかも北風なので、雨も豪雨ではないと思いますので、被害レベルではないと思います。

逆に沖縄本島は、北風になったものの、強風どころか微風レベル。那覇の風速も平均で3-4m程度、最大瞬間でも8mと、むしろ無風に近い状態。確かに朝ランでも、海沿いの道は風を感じて気持ちよかったものの、町中に入るとほぼ無風で超暑かったですね。まさにこの風速通りの感覚でした。

海も沖縄本島東の海域は波が「3m」とやや高めになっていますが、西側は沖縄本島で波がブロックされて、「2m」前後と台風が最接近しているにもかかわらず、慶良間へのフェリーも高速艇も通常運航ですからね。

ホント、沖縄本島の東岸を通過する台風の時って、沖縄本島が波をブロックして、慶良間方面は意外と穏やかなんですよね〜。逆に沖縄本島の東岸の久高島や津堅島は欠航レベルになりますが・・・。しかも逆は真ならずで、沖縄本島の西岸を通過する台風は、全域で海が荒れますけどね^^;


ってことで、今回も沖縄は大東島以外は台風の影響がほとんど無しで終わりそうです。


ただし、今回も本土から船便への影響が必至で、まーーーた、物資不足、配送物遅延になりそうです。ホント今年は沖縄は無問題なのに、本土への台風の影響のせいで物流が滞るんですよね。本土最接近が「9/4」だとすると、沖縄への物資流通が元に戻るのは、来週以降になりそう・・・(台風後2日海が荒れ物資はその2〜3日後になるので)。


さて、明日の本土。沖縄なら確実に「休校」「休業」になるレベル。それでも本土には台風休暇のシステムがないので、無理して学校や会社へ行くのでしょうね。正直、明日は1日出不精で過ごした方が、安全だと思います。「無難」ではなく「安全」という言葉の意味、ご理解願います^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/03-08:36 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲