2018年09月02日

今年最強の台風?当たり前!まだ9月2日ですから。

本土のメディア。ちょっと騒ぎすぎでは?

「今年最強の台風」とかうたっていますが、そりゃ当たり前です。だって台風シーズンのピークは9月から10月。8月に発生した台風21号なのでまだピーク前。そりゃ今年最強ですよね。

なんで最近のメディアって、一般の人の不安を煽る記事の書き方ばかりするんでしょう。また気象予報士も同じで、不安を煽る言葉ばかりで、本来の「予報」は完全にそっちのけの感が否めません。

今回の台風も、沖縄から見れば「ちょっと強い」程度。「最強」という表現ではなく「猛烈な勢い」や「強い勢力」という表現を使うべきだと思います。


そもそも本土へ行く台風は、沖縄と違って「一過性」がほとんどなので、沖縄のように「停滞」しない分、勢力が強くても影響する時間は少ないので、長時間台風の影響にさらされる沖縄よりはマシなはず。

それでも台風のたびに被害が大きく出るのは、沖縄のような台風対策を行っていないところが多いからだと思います。


もし沖縄が今回の本土のような状況なら、台風前日には翌日の休校や出勤停止が決まっています。また前日には外にあるものを全て室内に移動させたり、看板などを撤去したりなど、台風対策を万全にしますが、本土の場合、それらのことをほとんどしませんよね。

結果、被害が出るわけで、その被害を最小限にするためにも、メディアや気象予報士は、不安を煽るのではなく、「具体的な」台風対策を促して欲しいものです。

また沖縄にあるような「台風時のシステム」を本土でも導入すべき。


午前6時のNHKの報道で、公共交通機関の運休が決まったら午前休校・半休。
正午のNHKの報道で、公共交通機関の運休が決まったら午後休校・半休。
(一部で違いはありますが、おおよそはこんな感じ)

これくらい、簡単に本土でもできると思うのですが、どうも本土では「嵐でも出勤する安い使命感」がありますよね。出勤したところで何もできないですし、その出勤に通常の倍以上時間をかけてまで行く意味って・・・

台風21号の本土最接近は9/4との話ですが、せめて9/4は学校も会社も休みにするぐらいの感覚で、企業も自治体も望んでくれれば、台風による被害も少なくなると思うのですが・・・




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/09/02-07:00 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲