2018年08月04日

台風13号は涼しさをもたらしてくれる?期待しましょう!!



ビックリしました。昨日、ほぼ台風13号の記事を書いて、アップした直後に台風13号発生が正式発表。特に驚いたのは、デジタル台風から台風情報が出された、数秒前にこの記事をツイート。全く同じタイミングには驚きました。

でもそれほど昨日の時点で、台風13号は発生することは明白だったので、昨日のうちに記事にしておいて良かったです。

しかし相変わらずの予想進路。どう進むか全くわかりません。米軍予想も、昨日は本土から東に離れた海域を通るとなっていましたが、気象庁予想では本土直撃。そして今朝は米軍情報も本土のかなり近海を通る予想になっており、この様子だと本土に直撃しなくても、かなり接近しそうですね。

といっても台風は、中心の西側はそれほど暴風雨にはならないので、米軍予想通りならギリギリセーフ。しかし本土に直撃すれば、その台風の強力な部分がかかってしまうので、影響もかなりのものに!?

今のところ、台風13号の本土最接近は「8/9(木)」となっていますが、今のところ動きが鈍いので、1〜2日遅れるかもしれません。ってことは週末???

確か次の週末は、まだ馴染みの浅い「山の日」があって、さらに週明けは本土ではお盆休みという時期。もしこの予想より遅れて本土接近したら、帰省ラッシュにまさに「直撃」。予想進路もさることながら、最接近するタイミングが今回は重要ですね。

そして今回も、沖縄は最も影響を受けないようですし・・・

ちなみに台風13号。

名前は「サンサン」。香港の言葉で「少女の名前」となっていますが、じゃじゃ馬娘って感じかな^^;

でも沖縄でもそうなんですが、台風到来は涼しさをもたらしてくれることになるので、今回の台風はある意味歓迎してもいいかもしれません。なにせ昨日は、ついに大都市圏の名古屋で「40.3度」を記録。3大都市圏(東京・名古屋・大阪)で40度超は史上初とのことです。

さらに東京でも都心で「35.4度」、横浜で「36.1度」と強烈な暑さ。東京でも内陸の府中では「38.0度」でしたからね。群馬の館林と同じ気温。

しかもこの暑さは昨日だけじゃ無く、今日も続くとのことなので、この暑さを和らげる意味では、台風13号には都合がいい米軍予想のような感じで進んでくれるといいですね。米軍予想の進路だと、台風の中心の西側が本土にかかるので、西側は北風になって気温はかなり下がります。一昨日までの沖縄も、同じ状況で台風の西側になり、日中の最高気温が29度台だったでしたからね。

なので、帰省ラッシュへの影響は気になりますが、気温は確実に落ち着くと思いますので、台風13号には逆に期待してもいいかも?

もちろん気象庁予想のような進み方は勘弁ですが・・・

ちなみに名古屋度40度台となった昨日は、沖縄でもかなりの気温。波照間島では「34.7度」と、一見、本土に比べれば大したことないレベルのように見えますが、波照間島での観測史上最高気温は35度台で、観測史上第5位で「34.8度」。となると、この34.7度もかなりのものだったことがわかります。

那覇は32度台といつもの夏の暑さ。

沖縄では35度超が本土の38度レベルで、36度超が40度レベルって印象です(沖縄全域で観測史上最高は36.1度)。

とにもかくにも、本土の暑さ。台風で和らぐと思いますので、もう少しの辛抱です!
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/08/04-06:48 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲