2018年07月29日

台風12号の他にもう1個台風が近海にいる?その可能性あり!!



あくまで仮説ですが、台風12号はおまけで、もう1個、日本海域に台風がいるかも?

気圧配置などはアテにならないのでスルーして、雨雲レーダーや気象衛星の画像から、今の日本海域を分析すると、明らかに台風12号より明確な渦を巻く雲の塊があります。

しかも沖縄(大東島)近海に!?

本体がこの沖縄近海の雲の塊で、その末端が台風12号のような感じです。雨雲レーダーの雨雲の活発度から判断すると、そうとしか思えない状況です。気象予報士様などは、台風12号にしか注目していませんが、正直なところ「台風12号以外」の方が、現在の日本海域は危険性が高い気がしてなりません。

この台風12号の本当の本体の他にも、台風12号が落としていった雲の塊も多く、その流れが台風12号同様に、時計と反対回りに本土に向かって流れているような・・・

台風12号が過ぎ去っても、本土は全く油断できない状況のような気がしてなりません。台風のタマゴが3個、同じルートにあるので、まさかの台風連発!なんてことにならないとも限らない・・・まぁ台風の落とし物は、すぐには台風にならずに消滅することも多いですが、しかしこの見事な本土へ向かう雲の流れは驚くばかりです。


そしてその台風12号もこの雲の流れに乗って西に進むものの、九州まで行くとその後は行き場を失い、迷走する可能性もあります。北上すれば海水温も下がるので、台風は消滅しますが、一向に北上しないので、消滅できずに九州近海で停滞。再度発達するなんてことも無いとは言えません。

そこに、台風12号の本当の本体も加わると・・・

この先が全く読めない!

でも言えるのは、この先の日本全域(沖縄も含む)は、まともな気象にはならないと言うこと。台風や台風もどきが頻発し、さらにその間隙では南から湿った空気が入り、猛烈な暑さになったり、「不安定な天気」という状況を通り越した「不可解な天気」になりそうです。

まぁ一言で言えば「めちゃくちゃ」。

この先の日本の気象・気候・気温はどうなっちゃうんだろう〜?

まずは仮説ですが、台風12号の本当の本体。これ次第かな?下手すると沖縄や奄美への影響が出てきそうですし、日本海域の大きな雲の流れの中心にいるというのも気になるところです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/29-06:46 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲