2018年07月13日

台風8号が過ぎて安定傾向の沖縄?って思ったら・・・



台風8号の影響は、天気的には一昨日までで、昨日は沖縄全域で晴れ模様。といっても台風8号に近い八重山では、まだ影響が残っていたのかしっぽの雨雲群がかかっていましたね。でもそれも午前のみで、午後にはすっきりとした天気だったと思います。

台風シーズンでも、次の台風までは7〜10日は安定期に入るので、しばらく沖縄は良い天気が続きそうですね(天気予報は一切見ていませんがw)。

ちなみに明日から「海の日連休」ですが、ここ近年の中では最も天気に恵まれた連休になるような気がします。この3連休に沖縄旅行を計画の方は、羨ましいぐらいですね〜。私は連休、ほとんど仕事ですので^^;

その代わり、昨日は休暇を取っていて、まぁいろいろ有りましたが(詳細はブログで)、十分やりたいことはできたのでよしとします。何より海の日連休直前で、どこへ行っても空いていたので良かったですね。まぁ台風直後で、根本的に人が少なかったというのもありますからね(行きの便が欠航になって旅行自体をキャンセルした人が多いので)。


しかしその台風のサイクル。台風シーズンピークは9月ですが、この7月で既にそのピークの様相かも?


マリアナ諸島近海の気になる雲。既にこのブログでも台風8号の時でも警戒していましたが、な〜んか徐々に雲が渦を巻いてきているような気がしてなりません。しかもその場所が台風8号が通ったところ。もちろんまだ台風になっていませんし、半日後には消滅している可能性もありますが、な〜んかいや〜な場所にあるのは事実。

さらにフィリピン近海にも気になる雲もあって、この気になる雲の発生頻度が9月の台風シーズンピークって雰囲気です。

明日のこのブログで、この気になる雲を取り上げない記事になっていればいいのですが、もし明日も同じような雲のレポートになると、警戒モードがアップ。

消滅してくれることを祈りましょう(T人T)


ちなみに今日は「13日の金曜日」。


11年前の「2007年7月13日の金曜日」は、那覇市街の半分近くも停電になった(10万世帯超が停電)、台風4号マンニィが本島に直撃した日です。「13日の金曜日」自体はパロディ要素でしか感じませんが、この「7月13日の金曜日」だけは映画以上?に恐怖がよみがえってきます。

でも2012年も「7月13日の金曜日」でしたが、この時は沖縄ではなく本土(九州北部)で猛烈な豪雨だったんですよね。この時も過去の情報を見ると30名もの犠牲者がでたとのこと。といってもこの7月の本土の豪雨での犠牲者は200名を超えたらしいですね。それに比べれば少ないものの、それでも犠牲者が出るほどの豪雨が、この「7月13日の金曜日」には出ていました。

2018年は今のところ、その災害レベルの豪雨は無さそうですが、それでも「7月13日が金曜日の年」は、どうも災害レベルの豪雨が起こる年のような・・・

もちろん、こじつけ感は否めませんが、2007年、2012年、2018年と、7月13日の金曜日近辺で豪雨が繰り返されている事実はありますからね。


「13日の金曜日」自体は何も感じませんが、「7月13日の金曜日」だけは、自分自身の被災体験もあるので、私にとっては映画以上?の恐怖です。


もはやトラウマですね^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/13-09:40 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲