2018年07月02日

台風7号は久米島に最接近!しかし今回は恵みの雨台風?



台風接近時って、気圧が下がるからなのか、体調が優れない。とにかく眠い^^ゞ

今朝の沖縄。まさに台風最接近で、気圧も最も低くなっているかと思います。でもその台風自体は、降水量こそ多かったものの大したレベルではなく、正直なところ「拍子抜け」の感は否めません。

といっても本島南部の東岸で、最大瞬間風速「43.7m」を記録し、那覇市街でも「34.4m」を記録。

まぁこれも通常の「強烈な台風」の指標となる「50m超」には至っていないので、ここでも「通常以下の台風レベル」と言うことがわかります。また当初は雨雲の範囲が狭いので「風台風」かと思って停電の警戒をしていましたが、結果的には雨が多くい「雨台風」だったようで、水不足傾向の沖縄としては、恵みの雨をもたらす「良い台風」だったのかもしれません。

強いて言えば、沖縄本島近海で進路を変えたため、動きが遅くて影響する時間が長かったこと。当初は昨日中に通過すると思っていましたが、最接近がまさに「今」って感じになっちゃいましたからね。おかげで今朝予定していたランニングは中止。まっ、それ以外の影響は今のところなさそうな今回の台風なのでした。

ちなみに台風7号の正確な進路は、久米島の東沖、はての浜近辺を北上。久米島は台風の目に入ったタイミングもあったみたいです。沖縄本島は全域で台風の東側になり、南から湿った空気が継続的に送り込まれて、各地で強い雨が続いているようです。でも先の話のように、水不足傾向だった沖縄本島としては、ホントにホントに恵みの雨、恵みの台風になりますね〜。おそらく今回の台風で水不足は一気に解消されそう!そんな勢いです。

もちろん、場所によっては土砂災害が起こる可能性もありますが、今回は風がそれほどでもないので、どうにか持ちこたえられそうな感じです。といってもこの豪雨では、道路の冠水は必至でしょうし、場所によっては床下浸水しているところもあるかも?

でもこれらの原因は台風による豪雨ではなく、排水計画の不備によるところがほとんど。沖縄に住んでいると、この排水計画の甘さがホントに目に付きます。平気で道路や歩道に水勾配を取っていないし(勾配がないので水が流れない)、最も驚いたのは雨水排水設備がほとんど無く、全て道路に垂れ流しってところ。そりゃ道路も冠水しますよ。。。

まぁ海に囲まれているので、そのうち海に流れるとは思いますが、それにしてもこの雨水対応の甘さが目に付くばかりです。今回も水が流れにくい内陸などでは、多くの場所で冠水しているんだろうな〜。

ちなみに午前6時前で、台風7号による24時間の降水量と最大瞬間風速は以下の通り。

<24時間の降水量>
#読谷村 142.5mm
#コザ 132.0mm
#那覇 130.5mm
#南城市 111.0mm
#渡名喜島 109.5mm


<最大瞬間風速>
#南城市 43.7m
#渡嘉敷島 39.0m
#宮城島 36.1m
#外地島 35.5m
#那覇 34.4m


ちなみにせっかくの台風対策は、良い意味で効果無し。風が大したことがなかったので、今朝も窓を開けても特に問題ありません。雨も那覇はピークもこえて、常時降っている感じではありませんね。ただ台風の怖いところは、ピークが過ぎた後のいわゆる「吹き返しの西風」。これが猛烈な暴風になることが多いので、那覇はまさにこれが吹き荒れる可能性があります。しかも那覇は西向きなので、この西風はモロに入ってきます。

今のところ雨台風の様相の台風7号でしたが、今日の午前いっぱいは油断できませんね。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/07/02-06:37 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲