2018年06月21日

今日は夏至!梅雨明け後(多分)の沖縄では日差しが真上から!?

既に事実上の梅雨明けしている沖縄ですが、沖縄の梅雨明けは毎年「夏至」近辺なんですよね〜。1年で最も昼が長い日(夜が短い日)で、2018年は今日こと「6月21日」だったと思います。沖縄の場合、本土より西にあるので、夜明け時間は遅いものの、日没も遅くなるので、今日の日没は1年で最も遅い時間になるかも?(実際はもっと遅い時間になる日がありますが・・・)

今日の那覇の日没は「午後7時25分」
石垣島だと「午後7時35分」

実際は日没後に夕闇の時間が30分ほどあるので、午後8時ぐらいまでまだ明るいかと思います。

そして夏至になると、昼の長さ以上に気になるのが日差しの強さとその角度。正午過ぎぐらいになると、もはや建物などから影が落ちないほど「真上」から日差しが降り注ぎます。日影を選んで歩きたくても、あまりに日差しが真上から注ぐので影が全く無い事態に!?

街路樹があればその下なら日影もあるものの、断片的な影なので日除けにはなりにくい。

日傘でもあれば逆に効果は絶大ですが、さすがに日傘を持つ習慣はないですからね〜。むしろ沖縄だと、私もそうですが、帽子と長袖長ズボンで日除けすることが多いです。帽子については顔から日差しを遮るためですが、長袖長ズボンは日中だけではなく、強烈な夕方の西日も遮ることもできますからね。特にバイクや自転車で移動する場合は、暑くても必ず長袖長ズボンを着用します。

梅雨明け後の沖縄旅行で、意外と重宝するのが薄手の長袖!

しかも撥水素材や水を吸い込みにくい素材なら、雨合羽代わりにもなるので、これからの時期はかなり重宝します。日差し対策だけではなく、雨よけにもなりますからね。さらに離島行きの船に乗る場合は、船内の猛烈な寒さ(笑)対策にもなります。ホント、離島行きの船の中ってどの航路も冷房効き過ぎ!ってぐらい寒いですからね。

夏の沖縄旅行で「長袖」はお忘れなく!


とにもかくにも夏至の沖縄。日除け対策は万全にして外に出ましょう!私も午後に外出ですが、長袖と帽子は着用する予定です。それでも既に肌が真っ黒だからやになっちゃいますね(笑)。



posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/21-10:44 | 沖縄ライフ
ページの先頭へ▲