2018年06月20日

梅雨明けと言えば「サガリバナ」!既に満開レベルのところも!?

サガリバナと言えば、西表島で早朝カヌーツアーで見るものと思われがちですが、那覇市街でも普通にサガリバナの木ってあるんですよね。でも花が咲かないと、何の木かわかりにくいですが、この梅雨明け時期になると花のつぼみをぶら下げる「ツタ」のようなものが下がってくるので、明らかに他の樹木とは違う雰囲気になります。そして花が咲き始めると、遠くにいてもその香りを感じるほど。

梅雨明けの沖縄(発表はまだだけど)。

那覇市街でも至る所であの香りを感じることができています。そして那覇でサガリバナの名所と言えば・・・


瑞泉通り/馬場通り


今朝のランニングで首里まで行った理由は、これを見たかったからというのもあります(朝ラン時の記事はこちら)




見事に咲き誇っていました!朝ランの特典ですね〜(昼ランや夜ランだとまだ咲いていない)。

もちろん、咲き誇っていたのはまだ一部でしたが、ここのサガリバナはいい感じで時期がずれて咲いていくので、かなり長い期間花を望むことができます。少なくとも8月いっぱいまでは望めますし、ここ数年は9月まで真夏の暑さで、9月いっぱいまで望めることも!?逆に西表島や石垣島のサガリバナは、一気に咲いて一気に終わっちゃいますので、時期を逃すと望めないこともありますからね。その点、那覇市街のサガリバナは開花時期がバラバラなので、長い期間楽しめます。

そして毎年7月には、この瑞泉/馬場通りでサガリバナのお祭りや鑑賞会もあるので、まさにこれからいい時期になります。

さらに首里の高台まで行かなくても、那覇中心街にもサガリバナの木は多い!中でも那覇新都心公園。最も確実に那覇市街でサガリバナを望めるかもしれませんね。場所は沖縄県立博物館の裏。スカイデッキの先にある「那覇市緑化センター」という建物の前の木がサガリバナです。ここの木は毎年早咲きなので、今朝もいい感じで咲き誇っていましたね。




さらに国際通り近くの牧志エリアにもサガリバナが!?

といっても国際通りから一歩奥に入った場所ですが、イオン系スーパーの「マックスバリュ牧志店」のすぐ近くにサガリバナの木があるんですよね〜。



なんと、Googleのストビューはサガリバナの時期に撮影されたようで、街路樹にまだ花が残っていますね〜(2017年8月の映像)。でもここのサガリバナは、夜明け前に散ってしまうので、朝ランで通ってもいつも散ったあとばかり。逆に夜中の方が花盛りかもしれませんね〜。マックスバリュも24時間営業ですし、国際通り周辺で飲んだ後に見に行くのもいいかもね(私はしませんがw)。


ってことで、今の那覇(沖縄)は、サガリバナが花盛り。まさに梅雨明け後の風物詩ですからね〜。

梅雨明け決定!www
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/20-11:35 | 沖縄ライフ
ページの先頭へ▲