2018年06月12日

台風5号による恵みの雨。なかったのは全国でも沖縄本島のみ?



台風5号。とりあえず消滅したらしいですが、しかしその雨雲群が北海道や東北など北日本の広範囲に残っていますね。東北でも青森、北海道でも函館や札幌など西で猛烈な豪雨になっているみたいです。土砂災害レベルなので、今日の北日本は豪雨だけじゃなく、土砂崩れなどの災害にもご注意下さい。

ちなみに台風5号は、昨日、関東などに雨をもたらしたものの、南寄りの進路を進んだので、それほどの豪雨にはならなかったみたいですね。まぁ本土にとっては豪雨かもしれませんが、あの程度なら災害レベルにはならなかったのかと思います。

那覇は相変わらず雨なしで、夜になって2mmほど降ったものの、恵みの雨のレベルにはなりませんでした。

もしかして今回の台風で最も雨が少なかったのは、沖縄本島では?ってぐらいでしたね。ちなみに宮古・八重山には台風5号の落とし物の雨雲群が残っていて、昨日はかなりの雨が降ったみたいです。波照間島や下地島では24時間で70mm、石垣島や西表島でも50mmもの降水を記録。しかし宮古に関しては、島北部のみ豪雨だったようで、中南部は10mm程度の雨。それでも今まであまりに雨が少なかったので、恵みの雨になったと思います。

しかしホントに沖縄本島は雨がなく、昨日は那覇市街で2mm、空港周辺だとわずか1mm。

梅雨入り発表されてからの降水量は、観測史上最低レベルでは?って感じです。といっても本当の梅雨は、梅雨入り発表の1ヶ月前なので、その1ヶ月間はそれなりに雨は降りましたからね。そこまで含めれば平年とトントンの降水量なのかもしれませんが、梅雨入り発表後のみだと、記録的な少雨傾向の沖縄だったと思います。

ちなみに台風など大きな天気の変化があると梅雨明けになることが多いですが、この先の天気予報を見る限り、また週末以降は雨予報。まぁ当たるか否かは別として、この様子だと公の梅雨明け発表はまだまだ先って感じですね。

むしろこの台風が「梅雨明け」を告げるのではなく、もしかすると「本当の梅雨入り」なのかもね。

もはやここ最近の「梅雨」って季節感は完全になく、亜熱帯の「雨季」って感じです。シトシト雨が降り続く「梅雨」は、沖縄だけじゃなく本土もほとんどないですからね。ついに日本も夏は「亜熱帯」の気候になっちゃったのかもしれませんね〜。今回の台風到来も、以前の日本なら考えられないことですが、亜熱帯化したとすればあり得る話ですからね。


とにもかくにも台風5号は通過、そして消滅。まだ北日本に雨雲群は残っていますが、過ぎ去らない台風はないので、回復は時間の問題かと思います。


しかし沖縄の南には、新たな気になる雲も。台風にはならないと思いますが、これが少しでも北上すると宮古・八重山まで雨雲群が到達する可能性もあります。ホント「梅雨」って感じではなく、台風的な雨雲群が繰り返しやってくる「雨季」って感じですよね〜。

ちなみに今朝の那覇は、相変わらず25度超の熱帯夜だったものの、ここ最近の最低気温27度に比べて、2度も気温が下がったので、比較的過ごしやすい朝を迎えています。っていうか最近のあまりの暑さに慣れてしまい、25度だと寒いw

ホント、人間の環境適応能力って凄いですねwww

日中も今日は30度に届かないかもしれないって予報なので、今日は久しぶりに遠方まで外出できそうです。なにせ最近はあまりに暑くて、外出も近場で済ますようにしていたので、なかなか遠くまで行けませんでしたからね。次、いつ涼しい陽気になるかわかりませんので、今日はがんばって遠くまで足を運びたいものです。もちろん「歩いて行けるレベル」の遠さです^^ゞ
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/12-06:20 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲