2018年06月10日

台風前の夕焼けは綺麗に焼ける!定説通り!!



「台風前の夕焼けは綺麗に焼ける」

この定説はやっぱり正しい!

昨日の夕焼け。雲が多かったのに、こんなに綺麗に焼けました。



5分ごとにこの色の変化。まさに目が離せない空模様でした。

しかも真ん中の19時10分の直後に一気に暗くなり、そのあと一瞬だけ真っ赤に焼ける、夏の夕焼けのセオリー通り。夏の夕焼けは、最後の最後まで目を離しちゃダメですね。

でも昨日は低い雲も多くて、高い雲の夕焼けを見るのに超邪魔でした。この手前の黒い雲さえなければ最高だったのですが、まぁ台風前なので致し方なし。そもそも台風前だあらあんなに綺麗な空に焼けたので、どっちもどっちかな?

しかし冒頭の写真。

偶然撮影したものですが、まさかの飛行機に船までフレームイン。そして手前にはこれから台風が最接近する「大東島」行きのフェリー。おそらくこの先1週間は欠航なので、ずっとこの場所に停泊しているんでしょうね。

沖を行き交う船に、上空を飛び立つ飛行機が、なんか切ない・・・

そして今朝。

朝焼けは無理でしたが、今のところ相変わらず雨なし。そして那覇の気温は、最低気温であり得ない「28度台」。真夏で28度台までしか下がらないことは滅多にありません。暑すぎます。でも今朝は、風が北寄りに変わったので、湿った東風だった昨日よりはまだマシかな?

ちなみに台風接近時は、この風向きで台風の位置を推測でき、昨日までの東風の場合は「台風接近中」ということで、今朝のように北風になると「台風が遠ざかって行く」と推測できます。なので沖縄本島からは徐々に台風は遠ざかって行っているようです。

反面、大東島には接近中で、今日は大東島が暴風域に入るかもしれませんね。

まぁ沖縄本島以上に、大東島は「台風に強い島(台風慣れして台風対策万全の島)」なので、特に心配はしておりませんが、逆に大東島を通過後の本土の方がよっぽど心配。台風慣れをしていないのはもちろんのこと、台風に対する認識が甘すぎるから。さらにここ数年の台風は、沖縄海域にいるときはまだ発達しきっておらず、本土に到達する直前まで発達していることが多い。つまり、沖縄以上の勢力で本土に接近!

備えあれば憂い無し。

台風対策、ならびに豪雨対策を万全に願うばかりです。月曜は仕事、休んだ方がいいような気も・・・(せめて外出しないスケジュールに!)

台風5号情報については後ほどまとめてレポートします。

まずは台風が遠ざかりつつある沖縄本島。そして接近中の大東島って感じです。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/10-06:09 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲