2018年06月04日

梅雨入り発表後、初の梅雨らしい週末だった沖縄w

5月8日の梅雨入り発表以降、昨日は初めての雨らしい雨が降った沖縄w

他にも2日、雨が降った日があったものの、どちらも1時間程度の雨でスコールレベル。そしてそれ以外の日は曇ることもなくひたすら晴れ続けていた、梅雨入り発表後の1ヶ月。そういう意味では昨日の雨は、まさに恵みの雨でしたね〜。

とはいうものの、予報のような「1日中雨」というこはなく、雨が降った時間は限定的。なのせ朝ランもできたし、夕方の外出も予定通りできました。

まぁ沖縄の梅雨は、あくまでスコールが多くなる時期というだけで、本土のように1日中雨になることはまず無いですからね〜。なので雨の降るタイミングを読み切れば、梅雨時期でも傘を使わないで生活できることでしょう。

そもそも先週末の「金土日」の3日間、沖縄の天気予報は全て「雨」で、それも3日間とも「1日中雨」でしたが、実際に雨が降ったのは昨日の数時間と、金曜の1時間のみ。それ以外は晴れこそしなかったものの、雨なしの曇り空でした。

まぁ天気予報はいつも通り見事に外れましたが、この3日間は梅雨入りしてから初めての梅雨っぽい陽気でした。


ちなみに本土は逆に梅雨モードから開放され、比較的安定した空模様の週末だったみたいですが、6月になると「平年の梅雨入り時期」なので、気象予報士が「間もなく梅雨入り」ってネットでも騒いでいましたね。

っていうか本土は5月にとっくに梅雨入りしていると思うのですが・・・

また気象予報士がアピールするために「ダブル台風も!?」とかうたっていますが、確かに気になる雲はあるものの、それを言ったらもう2個他にもあるのですが・・・。さらに米軍情報では既に台風扱いの雲が、ベトナム近海にもあるのですが・・・。

でもこのブログでは、まだ気になる雲は渦を巻いていませんので、まだ取り上げません。

むしろFacebookページでも取り上げた、沖縄近海のプチ台風の方がよっぽど気になります。週末の雨もこの影響のようですし、雲の塊は現在大東島近海まで進んでいます。でも北上せずにそのまま東へ進んだので、大東島も雨はあったものの豪雨にまではならずに済みそうです。


とにもかくにも、梅雨入り発表後、初めてのまとまった雨で、空気も過ごしやすくなりましたし、水不足も少しは改善傾向になったのかな?まぁ昨日のレベルじゃダムの貯水率は上がらないと思いますが、でも農作物などにとってはまさに恵みの雨。

でもこれで本土が梅雨入りすれば、沖縄もよーやく梅雨明け発表になるのかな〜?

まぁ実質の梅雨は4月17日に始まっていますし、梅雨入り発表された5月8日近辺が梅雨明けのようなものでしたが・・・

週末の雨はあくまで「プチ台風」による雨でしたし、もはや日本の「梅雨」という感覚はもはや無くなっていますよね。気象予報士や気象庁・気象台の、存在アピールのためのようなものですからねwww

<昨日の24時間の降水量(梅雨入り後昨日までのトータルでも10mmレベル)>
#与那国島 83.0mm
#粟国島 74.0mm
#宮古島 68.0mm(←西部。東部は1.0mm)
#石垣島 63.5mm(←北部。南部は8.0mm)
#久米島 41.0mm
#宮城島 34.0mm
#コザ 34.0mm
#辺戸岬 30.5mm
#読谷村 30.0mm

posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/06/04-06:40 | 沖縄の服装/天気
ページの先頭へ▲