2018年05月22日

雨降って涼得られる?昨日の沖縄は久しぶりの雨!!

昨日の沖縄は、雨のおかげか那覇でも最高気温が「29.1度」と、久しぶりに真夏日からの脱出。といってもまだまだ平年以上の気温ですが、雨の後はパターン通り「乾いた北風」に変わったので、今日以降の気温に期待です。なにせ、今日は沖縄戻り!沖縄に戻ったら涼しい気候になっていたらいいな〜(希望的観測w)。

ちなみに昨日の雨は、沖縄本島以北のみで、宮古・八重山ではほとんど降らなかったのですが、何故か波照間島のみ豪雨だったんですよね。また沖縄本島でも、全般的に強めの雨だったのですが、何故か本島中部のコザと東岸の宮城島だけは24時間で「1〜2mm」レベル。他はほとんどの本島海域で「10mm以上」で、渡嘉敷島に至っては24時間で「36mm」とかなりの雨。また奄美でも、与論島で24時間の降水量が「12mm」だったのに、徳之島では「135mm」と猛烈な雨。ここでもエリアによって大きな差が出ていますね。

ってことで、沖縄も奄美も梅雨末期にありがちな局地的な雨って感じだったみたいですね〜。

とりあえず波照間島だけは猛烈な雨が降りましたが、それは梅雨明け後のスコールみたいなもので、宮古・八重山ではほぼ全域で梅雨明け状態が続いているようです。昨日はついに与那国島で「32度超」まで気温が上がりましたからね〜。

まっ、沖縄本島の雨もスコールレベルだったので、基本的には梅雨明け状態。奄美の雨の降り方は、まだ梅雨って感じなので、5月後半で「沖縄は梅雨明け」で、「奄美は梅雨末期」って感じは間違いありませんね〜(ほぼ毎日同じことを言っていますがw)。

その証拠に、本来なら雨が降れば気温が下がるはずなのに、今朝の那覇の最低気温は、今のところ25度超の熱帯夜。確実に5月で梅雨明け状態の空気感の沖縄です。


ちなみに、日中の本土の気温って沖縄とそんなに変わらない暑さですね〜。気温こそ沖縄の方が高いものの、沖縄は風があるのでまだマシですが、本土って風無いんですね〜。なので暑くなっても、涼を得ることができないので、もしかすると沖縄以上に暑く感じたかも?

まぁ沖縄と本土を往復する身としては、寒暖の差が少なくて良いのかもしれませんが、どこへ行っても暑いというのもなんかね。そもそも5月の本土は、沖縄に比べると通常は「涼しい場所」なので、今回はそれを期待したのですが・・・


とにもかくにも、本土の予定は無事にクリアし、寄り道もいろいろ楽しんできたので、そのうちこのブログではなく、旅行ブログにでもレポートできればと思います(沖縄に関係の無い内容なのでこのブログにアップするのは避けます)。

とりあえず、今回は本土滞在は2日半程度だったので、沖縄に戻っても特に社会復帰とかはいらないかと思います。

夕日レポートも、できたらいいな〜。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/05/22-08:24 | 沖縄の服装/天気
ページの先頭へ▲