2018年05月18日

5月の沖縄は花盛り!那覇市街でも色とりどり!?




いよいよ、街並みがオレンジ色に染まる時期になってきましたね。5月の沖縄と言えば、やっぱりオレンジ色の花が咲くこの木!


ホウオウボク&カエンボク


どっちも高木で、この時期にオレンジ色の花を咲かせるので、正直、どっちかどっちかよくわかりません。しかも那覇の街並みでも、この2つの樹木は混在しているので、名札が無い限り私は見分け尽きません。ちなみに那覇市役所角のものは「ホウオウボク」ですが、その樹木から10mほど先の庁舎脇の木は「カエンボク」です。どちらも名札があるのでわかりました^^ゞ

ちなみに那覇の街中には、多分「ホウオウボク」の街路樹が多く、徐々にオレンジ色の花が望めるようになってきましたよ。しかも、本来は梅雨時期の花ですが、今年の梅雨は雨が全く降らないので、青空とオレンジ色の花のコントラストを楽しめちゃいます。

写真は那覇新都心の街路樹。遠くにオレンジ色の花が見えたので、ルートを変えて近くで見ちゃいました。鮮やかで綺麗です!南国・沖縄らしい街路樹ですよね〜。


また、今日は朝ランで那覇空港エリアを通りましたが、このエリアには真っ赤な花を咲かせる低木の「ハナチョウジ」、英名では「ラッセリア」が自生しているんですよね。でも雑草扱いされちゃうので、時期になると刈られてしまうのが残念。那覇空港エリアのラッセリアも、以前はもっと広範囲で咲き誇っていましたが、まだ時期になっていないかもしれませんが、今のところはこの写真程度。



でもラッセリアといえば、西表島の「崎田橋周辺」が最高です。西表島の由布島と上原港の、いわゆる「つなぎ区間」にあるので、ほとんどの人が気づかず通り過ぎちゃいますが、島の自転車移動する私は、毎回この橋で花を見ながら休憩しています。

ラッセリアは沖縄各地で自生していますが、ここのものが最高です!


崎田橋の詳細はこちら


5月も後半になると、そろそろ真っ白なテッポウユリの時期が終わりに近づきますが、逆に色鮮やかな花が咲き誇り始める沖縄。

梅雨入りしたといっても、全く雨が降らないので、色鮮やかな花々はまさに見頃かな?
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/05/18-09:53 | 沖縄ライフ
ページの先頭へ▲