2018年05月14日

沖縄の梅雨入り発表後の1週間。全国で最も雨が少ないのが沖縄?

ツイッターでは何度もつぶやいているネタですが・・・


本土の方が梅雨でしょ?


この週末。沖縄は土日ともに晴れ予報でしたが、土曜は半日雨。でも日曜は1日快晴で、まさに「真夏」の陽気。もちろん日曜は雨無し。そもそも梅雨入り発表されてから、雨が降ったのは1週間の合計で那覇「10mm程度」。

それに引き替え、本土は昨日だけでも100mmレベル。1週間にもなると「400mm」に迫る地点も(和歌山県)!都心でもこの1週間の降水量は「130mm」近くもあって、本格的な梅雨レベル。

沖縄はたったの10mm、本土はその10倍〜40倍の降水量・・・


どっちが梅雨だよ!


そもそもこの1週間。47都道府県で最も雨が少なかったのは、梅雨入り発表された「沖縄」「奄美」かも?東北で沖縄同様に雨が少なかった県もありますが、全国的にはこの1週間で最も雨が少なかった部類に沖縄は入っていますね。


何処が梅雨?


「気象庁」や「気象台」、そして沖縄・奄美の梅雨入りをどや顔で豪語していた「気象予報士」様。ホントに、沖縄・奄美は梅雨ですか?過去のデータや「平年」を無視して、「本当の気象情報」を言って欲しいものです。


沖縄は梅雨明けないし梅雨末期、本土は全域で梅雨入り!


この1週間、あれだけ雨が多くてそして激しい降り方でも「本土が梅雨入り」とは言わないんですよね。平年では1ヶ月後だから、その通例を乱したくないから。そして、あれだけ雨が降らずに晴れまくっていても、「沖縄は梅雨入り」って言い続けるんですよね〜。平年ではこの時期梅雨入りだから・・・


そして今朝も、梅雨明け後の空気感の沖縄。那覇でも最低気温が25度近く、八重山ではほとんどの地点で最低気温25度超の「熱帯夜」。波照間島と石垣島に関しては、最低気温が「26度台」と、完璧に梅雨明け後の空気感。

那覇でも朝ランしてきましたが、汗のかき方が完全に梅雨明け後のレベル。本来のこの時期なら、最初の10分は汗なしで、30分ぐらい走ると汗がじわ〜っと出てくるのですが、今朝はその10分で汗だく。7月の朝ランの状態でした。そして走り終わった後も、身体から汗がしたたり落ちるレベル。

梅雨の空気感じゃここまで汗は出てきません。完璧に梅雨明け後の空気感です。

まぁ沖縄でも北に位置する那覇だと、まだ梅雨末期かもしれませんが、ここ最近ずっと熱帯夜の八重山は完璧に梅雨明け状態でしょうね〜(宮古はまだ微妙な空気感)。


この1週間の天気。47都道府県で最も雨が少ないと思われる沖縄が「梅雨入り」で、その沖縄の何十倍も雨が降った本土が「梅雨入り前」。納得いきませんねw
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/05/14-07:48 | 沖縄の服装/天気
ページの先頭へ▲