2018年05月11日

5月は意外と花盛りで楽しい沖縄!しかも自生する花も多い!!

5月の沖縄といえば「梅雨」なんですが、実際は4月も、そしてGWも「梅雨」なんですけどね〜。まぁ観光関連の団体や沖縄県が絶対にGW明けまで「梅雨」とは言わないようにしていますけどねw

正直、沖縄に住んでいる身からすると、梅雨入りしようがしまいが、全く関係なし。どっちでもいいです。

でも5月になると、沖縄は4月まで以上に花盛りになるんですよね〜。しかも冬や夏には望めない、まさにこの時期ならではのものばかりで、散歩もランニングも楽しくなります。




5月と言えば、「月桃」こと「ゲットウ」!

あの独特の香りがするので、一番目にする機会が多いですね。大東島なら島の至る所で、月桃を望めますが、那覇市街でも意外と自生するものを多く目にします。ちょっと背の高い低木は、月桃の可能性が高いですからね。この写真も、何気ない幹線道路の緑地帯にあったもので、脇を通る際に香りで気づきました。

花自体も、この白色に淡いピンク色、そして鮮やかな黄色い花弁が印象的です。

同じ5月の沖縄だと「テッポウユリ」も花盛りですが、さすがに那覇市街ではあまり自生していませんし、香りも月桃ほどじゃないですからね。でも離島は、月桃よりユリの方が自生しているものも多いので、この時期の離島はユリが見頃ですね〜(大東島をユリは咲いています)。


ユリや月桃の白い花も5月の風物詩ですが、5月の沖縄と言えばオレンジ色の花も至る所で咲き誇ります。ユリや月桃などの低木ではなく、街路樹のような高木がオレンジに色づきます。

ホウオウボク、カエンボク。

どっちも那覇市街の街路樹でよく見ます。でもどっちがどっちかは、正直よくわかりません。どっちも鮮やかなオレンジ色の花をこの5月に咲かせるので、どっちでもいいですw

正直、真夏の沖縄はあまり花盛りって感じじゃないので、この梅雨時期が花は見頃かと思います。

ちなみにオレンジ色のホウオウボクやカエンボクは、早咲きのものは咲き始めていますが、街路樹全般がオレンジ色に染まるレベルにはまだ至っていません。オレンジ色が綺麗になるのは、5月も後半かな〜?

このオレンジ色の花が大好きなので、梅雨時期の外出は楽しみです。どのみち、沖縄の梅雨は雨が降り続くことはあまり有りませんしね。梅雨時期の沖縄は、「白い花」と「オレンジ色の花」が要チェックです!

<ホウオウボクを紹介した旅コラム>

梅雨の沖縄はオレンジ色!色鮮やかなホウオウボクが花盛りの那覇市街を散策しよう


posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/05/11-07:22 | 沖縄ライフ
ページの先頭へ▲