2018年05月09日

梅雨末期ないし梅雨明け後の夕焼け!逆に本土は本格的な梅雨?

梅雨入り発表された昨日の沖縄。でも本土の方が10倍以上の雨(詳細はこの記事で)。まさに「どっちが梅雨だよ!」って感じですが、どんなに雨が降っても、梅雨状態でも、沖縄の梅雨入り発表直後に本土の梅雨入り発表は、役人のメンツで絶対にしないでしょうねw

しかも昨日の沖縄。

空気感、天気の移り変わり、風向き、風の強さ、気温、湿度、全て「5/3」と全く同じ感じ。那覇ハーリー初日の気候なので、身体で覚えています。でも「5/3」は梅雨入り発表せずに、昨日発表。理由は、GWだから(笑)。ホント、この「梅雨入り発表」って意味がありませんよね〜。

しかも昨日の那覇。

雨が降ったのは2〜3時間で、しかも小雨レベル。降水量も数ミリ(本土は100mm前後)。さらに昨日は、5/3と同じ感じだったので、夕時には天気が回復すると読んで、夕焼けを待っていたら見事に焼けました!


<夕焼け初期〜オレンジ色の夕焼け>


<夕焼け中期〜マゼンダ色の夕焼け>


<夕焼け末期〜ショッキングピンク色の夕焼け>


・・・この空模様で梅雨?

確かに梅雨時期の夕焼けはよく焼けますが、梅雨入り発表の日は少なくとも雨でしょう〜。むしろ昨日のような空の焼け方は、梅雨でも末期、ないし梅雨明け後の焼け方だったので、先の記事でのように「1ヶ月先の気候」と考えれば、まさにこの空模様は「6月の梅雨末期」のもの。

いやはや。沖縄の梅雨入りが発表された日は、もはや梅雨明け間際って感じでしたね。逆に本土は本格的な梅雨状態で、今朝も東日本で激しい雨だったみたいです。


そしてこの梅雨入り発表された翌日はよく晴れる沖縄!


天気予報よりも、この逆説的な天気はよく当たります。今朝はまだ雲はありますが、朝焼けも望めましたしね。まぁ強いて言えば雨の後に北風に変わったので、まだ梅雨明けではありませんが(梅雨明け後は常に南風)、それでも「梅雨」って感じの空気感ではないですね。


そして梅雨入り発表後は雨が降らない日が続く・・・


梅雨入り発表翌日が晴れる、そしてその後1週間は雨無し。ホントに、気象庁や気象台からの梅雨入り発表は、沖縄に住んでいる人からすると「寝耳に水」状態ですわ。っていうかそもそも気にもとめていませんからね。現地の状況を確認せずに出された、間違った情報だからw


2018年の沖縄の梅雨入りは、実質「4月17日」です。
そして本土の梅雨入りは、奄美が梅雨入り発表された「5月7日」では?


本土の皆様。そちらは梅雨入り状態なので、激しい雨と猛烈な暑さにお気をつけを!沖縄はむしろ雨が少なくなるので、逆に梅雨入り発表後はいい時期かもしれませんね〜。
posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/05/09-07:12 | 沖縄ライフ
ページの先頭へ▲