2018年03月29日

台風3号、予想外の影響?

昨日は沖縄各地で25度超の夏日を記録し、天気も良く、風も穏やかだったので、まさに夏模様でしたね。しかも風向きが朝はまだ弱いものの南風で、湿度が高めでしたが、午後は北風に変わって湿度も下がり、初夏のような爽やかな陽気になりましたね。

ホント、現在、沖縄滞在中の両陛下様には最高の気候だったと思います。

しかし、実は昨日あたりから気になっていたのですが、台風3号からの間接的な影響。

実は、波がやや高めになってきているのです。台風3号自体は沖縄のはるか東沖にいるので、天気的な影響は一切ありませんが、台風の怖いところは遠くまでその波の影響が及ぶこと。特に沖縄でも東に位置する大東島には既にかなりの波が入ってきているようです。

でも今回の波は「真東」からのものなので、大東島への船はこの真東〜真西方向に進むので、横波じゃない分、まだどうにかなるかもしれませんね。とはいうものの、沖縄の東海域全般で今後は「3m」の波までなる可能性もあるので、ちょっと心配です。

足早に東へ抜けると思っていた台風3号でしたが、スピードがなかなか上がらずやや停滞気味。

そこにこの温かさもあれば、発達してしまっても不思議ではないです。気象庁の台風情報では、台風3号は消滅寸前のような書き方をしていますが、気象衛星画像で雲の集まり方を見ているとその逆。どんどん巨大化しているような気がします。

大きくなれば大きくなるほど、その影響範囲も広くなるので、今後は沖縄でも特に「東海岸」は要注意かな?




posted by 離島ドットコム管理人 at 2018/03/29-06:42 | 沖縄台風/災害情報
ページの先頭へ▲